フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Les Pif Et Dodineで食事。

東京遠征だったのでランチはパリ時代の先輩、トモさんがシェフを務める浜松町「Les Pif Et Dodine」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20170925172547j:image

 

こちらはメインで頂いたアンガス牛とハラミ。

 

トモさんの料理はパリの名ネオビストロ、Les Comptoir、L'ami Jean、Le Beurre Noisetteなどで修業したガッツリフレンチ系です。

ランチでしたが、特別に夜メニューを頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20170925172636j:image

 

やはり先ずは定番のパテから。

味の落とし所がフランスで、最初からワインが進みます。

 

f:id:monsieur0204:20170925172709j:image

 

貝類のジュレ寄せ。

貝の旨味たっぷり。

実は牡蠣は日本では食べないのですが、案外すんなりと食べれてしまいました。

 

 f:id:monsieur0204:20170925172727j:image

 

カボチャのポタージュ。

 

f:id:monsieur0204:20170925173157j:image

 

そしてメイン。

流石に食べ過ぎで、デザートは止めておきました。。

 

f:id:monsieur0204:20170925172755j:image

 

赤ワインで通していましたが、こちらは特別にトモさんから頂きました。

分かる人は分かる日本酒。

 

f:id:monsieur0204:20170925172821j:image

 

酵母がワイン酵母とか。

 

f:id:monsieur0204:20170925173222j:image

 

最後は一緒に行った阿部シェフも一緒に3人でパシャリッ。

3人は同じ時期にパリにいたので、それからずっとの付き合いです。

 

とにかくワインが進むパリのビストロのしっかりした味わいとボリュームに大満足でした。

トモさん、ご馳走様でした‼︎

 

f:id:monsieur0204:20170925173248j:image