フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

イベント用の秘蔵酒を試飲。

10月開催予定のお寺イベント「醸KAMOSU 佐久の酒と発酵食祭り」の打ち合わせに行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20170902004701j:image

 

この日は自分が担当する「寺フレンチ Shikaryo sake dinner」に使う予定のお酒の試飲です。

 

f:id:monsieur0204:20170902004640j:image

 

佐久は13の蔵のある酒処です。

今回のお酒は地元の酒蔵さんの秘蔵酒を持ち込んで頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20170902005231j:image

 

色合いだけでもこの違いです。

味わいも異なり、とても面白いペアリングになりそうです。

 

f:id:monsieur0204:20170902005558j:image

 

お寺でフレンチというのは、こちらの住職が禅普及にヨーロッパを巡っていたところから、佐久市とフランスのアヴァロン市が姉妹都市提携をしたという経緯からです。

今でもこちらのお寺にはヨーロッパから外国人の禅修業の方々が来られます。

 

f:id:monsieur0204:20170902005933j:image

 

こんな素敵なお寺の雰囲気で食事が出来るのも魅力だと思いますが、佐久市がフランスの街とそうした繋がりがある事も知って頂きたいですね。

 

まだイベントまでは1ヶ月ありますから、他にも食材を探しながらイベントが成功するようにメニューを考えたいと思います。