フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

定番メニューで出張料理。

先週末も軽井沢に出張料理に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20170615204629j:image

 

こちらの別荘では何回も作っていますが、今回のゲストが初回という事で自分の定番メニューをお出ししました。

 

f:id:monsieur0204:20170615204555j:image

 

アミューズは東御産ブロッコリーのピュレとレモンゼリー、発酵飯のおかきと山葵サワークリーム。

 

やっと東御産の美味しいブロッコリーが出始めました。

 

 f:id:monsieur0204:20170615204816j:image

 

大王岩魚のマリネとスナップエンドウ、ドイツトウヒ、自家製ハーブサラダ。

 

豆類も大きくなってきました。

この時期の豆は緑も綺麗ではずせませんね。

 

f:id:monsieur0204:20170615205132j:image

 

毎年、お気に入りのドイツトウヒは5月下旬から6月までです。

鮮やかな緑と酸味が特徴的ですね。

 

f:id:monsieur0204:20170615205248j:image

 

山女魚(ヤマメ)のリゾット、山独活。

 

こちらも定番の八千穂漁業さんの川魚と山菜のリゾット。

いつでも好評です。

 

f:id:monsieur0204:20170615205424j:image

 

メインは県産SPFポークの低温ロースト、極太アスパラ、クレソン。

 

こちらの別荘では最初のお客様には余程のリクエストが無い限りはこちらのお肉を使います。

塊で焼けますし焼けた塊をカットするだけなので、こうした出張料理には手間がかからずに提供し易く、お客様にもウケが良いです。

 

ゲストの方々から軽井沢らしい料理と褒めて頂いたのですが、自分としても地元色の出せた料理で喜んで頂けて良かったと思います。

ちょうど季節の変わり目で食材も変わり、豆など緑が綺麗な食材が多くて自分としてもやり易い季節です。

 

正直、イベントなどの準備で忙しい日程での依頼だったので、無事に終わってホッとしてました、、。