フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

知人宅で出張料理。

軽井沢ワイン会後も連日で出張料理に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20170525183508j:image

 

こちらは一般家庭のキッチンですが、3口のガス台、お皿を並べられる盛り台があれだけ広ければ、案外色々と作れますね。

 

f:id:monsieur0204:20170525183936j:image

 

今回はホストの方が作業中の様子や料理を綺麗に撮ってくださいました。

 

f:id:monsieur0204:20170525183629j:image

 

ブロッコリーのムースにレモンジュレ

発酵飯のおかきとアスパラ、山葵サワークリーム

 

こちらは最近では定番メニューです。

実は来月のあるイベントの為に少しずつ調整をしているメニューです。

 

f:id:monsieur0204:20170525184048j:image

 

八千穂漁業さんの大王岩魚を柑橘マリネにしました。

 

f:id:monsieur0204:20170525184353j:image

 

綺麗な水で育てられた岩魚は、余計な事をしたいでマリネで食べるのが1番美味しいと思います。

適当に口の中で味わえるように、少し薄めにスライスします。

 

f:id:monsieur0204:20170525184322j:image

 

独活とアスパラの下を細かく刻んで、レモンソースと自作のスプラウト、ハーブを添えました。

 

f:id:monsieur0204:20170525184503j:image

 

東御のアスパラも緑が綺麗に映えるように、その場でボイル。

そのままでは口の中で少し残る皮も、剝き過ぎないように丁寧に下拵えをします。

 

f:id:monsieur0204:20170525184659j:image

 

ほんのり温かいアスパラに半熟卵と紫アスパラのスライスサラダと猪ハム。

バルサミコ酢とクルミ油のソースでまとめもした。

 

f:id:monsieur0204:20170525184847j:image

 

県産の牛ホホ肉の赤ワイン煮。

前日の軽井沢ワイン会と同じ構成です。

 

f:id:monsieur0204:20170525184949j:image

 

最後に大皿で鴨と仔羊をお出ししました。

火入れは家庭にある普通のオーブンレンジです。

 

f:id:monsieur0204:20170525185050j:image

 

最後にしっかりソースをかけて完成です。

 

f:id:monsieur0204:20170525185128j:image

 

慣れないオーブンの割には火入れも上手くいきました。

知人宅ではありましたが、事前にキッチン内やお皿を写真に撮って頂いて見ていたので、初めてのキッチンでもイメージしたように上手く出来ました。

やはりガス口なら温かい料理でパーツが多くても何とかなります。

IHは自前のプラックが無いから難しい。。

 

一般家庭でも火口やオーブン、盛り台が広ければコース料理も対応可能ですね。

 

また機会があれば地元のこうした仕事にも対応出来たらと思います。

 

f:id:monsieur0204:20170525185724j:image