フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

出張料理の食材を調達。

軽井沢ワイン会の出張料理の食材を調達してきました。

 

f:id:monsieur0204:20170519211214j:image

 

先ずは東御産のアスパラ。

今年は寒かったのでなかなか太い物が出て来なかったのですが、ここにきて良い物が出始めました。

名人のアスパラを太い物だけ調達。

 

f:id:monsieur0204:20170519211357j:image

 

この時期に合わせて栽培したスプラウト系も良い状態です。

 

f:id:monsieur0204:20170519211433j:image

 

アマランサスもこのサイズになるまで1ヶ月はかかりますが、発芽率も高いので蒔けば大抵はここまで育ちます。

 

f:id:monsieur0204:20170519211558j:image

 

こちらは当日の朝に必要な分だけ切り出します。

 

f:id:monsieur0204:20170519211637j:image

 

多少、泥が付いているので、洗い流してサラダドライヤーで水気を切ります。

鮮度の良いスプラウトです。

 

f:id:monsieur0204:20170519211745j:image


クレソンはいつもは親戚の川に行きますが、飾程度の量ならウチの川で十分。

 

f:id:monsieur0204:20170519211809j:image

 

ピリッと辛みが効いた山葵の葉は、自分の料理のイメージでサイズを選んで切り出します。

 

f:id:monsieur0204:20170519211903j:image

 

落ち易い山葵の花は雨の後という事もありますが、もう終わりですね。

 

f:id:monsieur0204:20170519212001j:image

 

畑に咲いたシブレットの花(ちょっと早いですけど、、。)やこぼれ種で出てきたイタリアンパセリやディルの若芽。

 

f:id:monsieur0204:20170519212025j:image

 

イタリアンパセリもこのくらいのサイズが使い易いです。

 

f:id:monsieur0204:20170519212106j:image

 

ディルはこぼれ種で生えてきますが、採り切れないほどです。


この時期からちょっとした料理の飾り系はウチの周りで足りてしまいます。

暖かくなって良い季節になりましたね。

 

f:id:monsieur0204:20170519212252j:image