読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

久しぶりに徳山鮓。

仕事の打ち合わせと勉強の為に、久しぶりに余呉の名宿「徳山鮓」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20170407002836j:image

 

余呉湖の鰻やスッポンをはじめ、伝統の鯖の熟鮓に鮒鮓、山から採れるジビエまで、この土地の地産地消を味わえます。

今年初めの情熱大陸で放送されてから、予約もかなり取れないみたいですね。

 

f:id:monsieur0204:20170407003131j:image

 

小さな露天風呂で他の宿泊客の皆様に迷惑をかけるといけないので、この日は近くの日帰り温泉で済ませました。

食事前の夕日が落ちる余呉湖も綺麗です。

 

お料理は一部だけ書いていきます。

 

f:id:monsieur0204:20170407003849j:image

 

伝統の鯖の熟鮓です。

 

f:id:monsieur0204:20170407003922j:image

 

こちらは熊肉のしゃぶしゃぶです。

脂がとても綺麗です。

 

 f:id:monsieur0204:20170407004031j:image

 

f:id:monsieur0204:20170407004056j:image

 

自分は熊肉を初めて2年前に此処で食べて衝撃を受けました。

まだ臭いというイメージが強いと思うのですが、全くそんな事も無く凄く美味しいです。

 

f:id:monsieur0204:20170407004323j:image

 

こちらが鮒鮓。

初めて食べた時には塩漬けの生魚が発酵の力でこんな味わいになるのかと驚きました。

その味わいはまるでチーズでしたね。

 

f:id:monsieur0204:20170407004449j:image

 

熊鍋の残りは雑炊になります。

 

f:id:monsieur0204:20170407004517j:image

 

これがまた美味しいんです、、。

 

f:id:monsieur0204:20170407004618j:image

 

打ち合わせも長引いたので、ジビエのサラミなどを摘みながら。

お皿は富山のShimoo Designの長皿ですね。

 

f:id:monsieur0204:20170407004858j:image

 

朝も余呉湖を眺めながら。

 

f:id:monsieur0204:20170407004924j:image

 

素朴ですけど、今の日本ではこうしたお料理が本当に贅沢ですよね、、。

 

f:id:monsieur0204:20170407005011j:image

 

稚鮎の鍋は少し土佐酢を加えて。(入れなくても問題ありませんが、、。)

普段の朝食は和食が苦手でフランス式のパン1枚にカフェで済ませるのですが、この日は美味しくて2杯も朝から食べてしまいました。

 

正直、立地は良いとは言えないけれど、遠方からたくさんのお客様が訪れるのも分かります。

素朴ですけど、日本の贅沢というものを満喫出来ます。

こうした地産地消もこのくらいに突き抜ける、洗練されないといけませんね。

毎回、本当に良い勉強になります。

 

まだ鰻を食べていないので、あの長皿に並べた天然鰻を食べにまた伺いたいと思います。