読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

開店祝いで39BAR。

39BAR(サクバル) 信州の日常。

生ハムを仕込んだ後は、そのまま佐久の職人の集まり「39BAR(サクバル)」に参加しました。

 

f:id:monsieur0204:20170309220855j:image

 

この日は先日春日にチーズ工房「Bosqueso(ボスケソ)」をオープンされた是本さんの開店祝いで開催されました。

 

f:id:monsieur0204:20170309220912j:image

 

是本さんはHONDAで長年F1の車体空力開発をされた後にチーズ職人になった異色の経歴の職人さんです。

 

f:id:monsieur0204:20170309220941j:image

 

この夜はほぼフルラインナップです。

試作中の地元シードルを使用した物や、隣町のワイナリーのオリ引きした葡萄を使用した物まで多数です。

F1に関わる程ですから、拘りも凄まじい、、。

 

f:id:monsieur0204:20170309221142j:image

 

昼間に生ハム作りをした「Maison du Jambon de Himeki」藤原さんもお誘いして参加して頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20170309221155j:image

 

こちらは地元の土屋酒造さんから特別なお酒を瓶詰めして頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20170309221251j:image

 

裏もこの通り。

 

f:id:monsieur0204:20170309221333j:image

 

f:id:monsieur0204:20170309221348j:image

 

他にも黒澤酒造さん、伴野酒造さんのお酒に県産ワインなどがズラリです。

(ワインは写真を撮るのを忘れました、、。)

 

f:id:monsieur0204:20170309221456j:image

 

料理は持ち寄りなので、地元の料理人の皆さんが手間暇かけたお料理が並びました。

自分は左肩を骨折していたので料理は作りませんでしたが、県産ワインを持ち込みました。

 

f:id:monsieur0204:20170309221703j:image

 

デザイナー、大工の方々が作られた新しい39BARの看板もお披露目です。

 

様々なジャンルの職人(農家、チーズ職人、料理人、川魚養殖、大工、デザイナー、写真家、酒蔵社長、杜氏、日本利酒チャンピオンなどなど、、。)総勢20人以上が食事や日本酒やワインを持ち寄ってこの日も本当に盛り上がりました。

本当にまた何かが生まれそうな予感がしますね。

 

これだけの素晴らしい職人がいて、東京からの距離、軽井沢の存在、長野の持つブランドイメージ(野菜や果物が美味しい、自然が豊かなど)、酒、ワイン、野菜、ジビエなど食材が豊富、海が無い(海があるとイメージ的にお寿司や和食の方が強いので)
地方ガストロノミーをやるのに、これだけの条件が揃う場所は他に無いと思います。

 

チーズや生ハムなどの食のピースも埋まりましたから、そこに自分がどのように関わりながら発信していくか、さらに色々考えていきたいと思います。

 

佐久に生まれて良かったです。。
地元最高!この日も楽しかったです‼︎