フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

友人オーナーとワイナリー巡り。

ブルゴーニュの1ツ星レストランオーナーと東京麻布のレストランオーナーの友人が長野に遊びに来てくれたので、Nさんに会いに皆でマンズワインに行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20170226142246j:image

 

マンズワインでは優秀な社員さんを海外に勉強に行かせていますが、帰国したその方々を中心にトップキュヴェ「SOLARIS(ソラリス)」シリーズが造られます。

ボルドー系やドイツ系の品種、ワインはその流れですし、こうした事は家族経営のワイナリーでは不可能ですから企業の力を感じますし流石ですね、、。

Nさんはブルゴーニュやボルドーで3年間ワイン造りの勉強されて、昨年の秋に帰国された正にマンズワインの次世代エースです。
共通の知り合いも多いですし、ブルゴーニュ時代にお会いしていたので、今回はNさん自らマンズワインの施設を特別に案内して頂きました。

f:id:monsieur0204:20170226142746j:image

 

その後は小布施ワイナリー、2日目は北信、東信のワイナリーを中心に見学してきました。

 

f:id:monsieur0204:20170226142831j:image

 

ヴィラデスト(現在は冬季閉館中)からの景色が素晴らしく良かったです。

二人とも信州のワイナリー巡りは初めてという事で、喜んでくれて良かったです。


自分も久しぶりに白馬から離れての1日オフで、とてもリフレッシュ出来ました。