読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

L'inconnuで白トリュフ。

パリ滞在、最後のランチはPassage53時代の同僚、檜垣さんが昨年オープンされたイタリアン「L'inconnu(ランコニュ)」に行ってきました。

 

 f:id:monsieur0204:20161220001318j:image

 

基本はコースで、メインの後にパスタで腹具合を調整するスタイルです。

 

f:id:monsieur0204:20161220001435j:image

 

パスタまでの流れも檜垣さんが日本時代にシェフを務められていたカノビアーノやパリのPassage53の流れを汲んだシンプルかつ美しい料理。

 

f:id:monsieur0204:20161220001635j:image

 

こちらは仔羊のコートレッタ。

ランチからボリュームもあって美味しかったです。

 

f:id:monsieur0204:20161220001837j:image

 

ワインはシャンパンの後にイタリアの赤を1杯ずつ2種類出して頂きました。

 

朝食抜きだったのでパスタは大盛りを頼んだところ、特別に2種類作ってくれました。

 

f:id:monsieur0204:20161220001351j:image

 

パスタ2品目のタヤリンに大量の白トリュフは悶絶モノの美味さでした、、。

これには本当に大満足。

 

食事後は昨年同様、近くのカフェでお互いの近況報告と次のステップの語り合い。
同い年という事もあり、いつも話は盛り上がります。
檜垣さんはパリで自身のイタリアンのレストランをオープンする夢を既に実現。フランスの料理会の賞を数々受賞されていますから、自分も凄く刺激を貰らいました。

この歳になっても、あれがやりたい、これがやりたい、と語れる友人といるというのは嬉しいですね。

 

また来年も良い語らいが出来るように、自分も頑張りたいと思います!

 

f:id:monsieur0204:20161220002646j:image