読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

J-F.Piègeで食事。

フランス旅行。 フランスのレストラン。

パリ滞在中のランチに「Passage53」時代の同僚、檜垣シェフと今話題のレストラン「Jean-Français Piège」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20161216084432j:image

 

コースはランチメニューもありましたが、せっかくなのでシェフお任せコースを頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20161216084535j:image

 

 

前菜前に山盛りのキャビアが出てきたのですが、下がポムスフレで壊れ易いのでどうやって食べれば良いか分からない。

一口というサイズでは無いですし、、。

 

f:id:monsieur0204:20161216084724j:image

蓋を開けると更にキャビア

説明が早過ぎて聞き取れなかったのですが、この中に落として混ぜれば良かったのでしょうか?

 

f:id:monsieur0204:20161216084903j:image

 

前菜は根セロリの一皿。

 

f:id:monsieur0204:20161216084936j:image

 

ワインは流石の品揃えですが、ブルゴーニュやボルドーはかなり値段が高めだったのでウンヴレヒトのリースリング'88を。

これが大正解。

今年飲んできた白ワインでも1番かもしれないですね。

最近はシンプルな料理や野菜料理が増えてきましたから、古めのリースリングは合います。

しかもアルザスはブルゴーニュやボルドーに比べてグラン・クリュでも安い割には味わいは引けを取らない。

案外、レストランで古めのアルザスを見つけたら、自分はそちらを頼みます。

(軽井沢のワイン会でブルゴーニュは散々飲んでいるせいもあると思いますが、、。)

 

f:id:monsieur0204:20161216090106j:image

 

魚料理はオマール・ブルトンでした。

ブルターニュで獲れる少し青みを帯びた高級オマールです。

 

f:id:monsieur0204:20161216090131j:image

 

こちらはサービスの方が取り分けて下さいました。

 

f:id:monsieur0204:20161216085655j:image

 

メインはリ・ド・ヴォーでした。

 

f:id:monsieur0204:20161216090352j:image

 

こちらもソースをかけて頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20161216090453j:image

 

赤ワインはデュジャックのクロヴージョ'00。

少し値段は高かったですが、檜垣シェフも今年はフランス某紙の新人賞を獲得するなど飛躍の年だったと思います。

その檜垣シェフと一緒に来ているので、お祝いも兼ねてでしょうか。

 

f:id:monsieur0204:20161216090746j:image

 

フロマージュも素敵にプレゼンテーションそれました。

 

f:id:monsieur0204:20161216090825j:image

 

デセールの1皿目はウフ・ア・ラ・ネージュ。

メレンゲベースのクレーム・アングレーズ、キャラメルで構成するビストロデザートですが、星付きのパティシエにかかればこの通りですね。

 

f:id:monsieur0204:20161216091024j:image

 

中にクレーム・アングレーズが忍ばせてあります。

 

f:id:monsieur0204:20161216091212j:image

 

デセール2皿目は洋梨の一皿。

こちらのパティシエールは「今年のパティシエ(パティシエール)」に選ばれたそうです。

料理も勿論ですが、やはり星付きのデセールは違いますね。

 

f:id:monsieur0204:20161216092329j:image

 

こちらはプティ・プール前に振る舞われるポー・クレームでしょうか。

素敵な箱から取り出して頂きます。

 

f:id:monsieur0204:20161216092452j:image

 

こちらはピエージュ定番のチョコレートの卵をサービスの方がテーブルに叩きつけて割った先のナッツ類を頂きます。

 

f:id:monsieur0204:20161216092612j:image

 

総じてフランス人シェフなので値段が高めですが、やはり料理は美味しいです。

プレゼンテーションは今時でもら味わいはクラシックですね。

やはりビストロ、日本人シェフのお店も良いのですが、フランス人シェフのレストランの最先端も知らないとイケナイかな、と思いました。
メニューは以前のお店の物もかなり見受けられますが、演出にはかなり拘りがありました。
ワインリストはやはりフランス人シェフの星付きレストランですから、とにかく素晴らしい。

 

オジサン2人で昼間から2ツ星で食べ、飲み散らかしてきましたが、やはり同業と食べに行くのは楽しいですね。
予約を入れてくれた檜垣さんに感謝。
ご馳走様でした‼︎

 

f:id:monsieur0204:20161216092846j:image