読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

ニュイのドメーヌ訪問。

Côte de Nuitsのドメーヌ訪問をしてきました。

今回は3軒を訪問してきました。

 

f:id:monsieur0204:20161207044025j:image

 

 先ずはモレ・サン・ドニの「Domaine Dujac」から。

 

f:id:monsieur0204:20161207044046j:image

 

少し早く着いてしまいましたが、ドメーヌ側の計らいで応接間に通して頂きました。

外が凄く寒かったので、助かりました、、。

 

f:id:monsieur0204:20161207044102j:image

 

随分、人懐こいですが、目線をカメラに向けてくれないデュジャック家の猫。

さすがに何処か気品がありますねw

 

f:id:monsieur0204:20161207044128j:image

 

時間になって下に通されると、ちょうど樽の中の洗浄中でした。

こうして洗うんですね、、。

 

f:id:monsieur0204:20161207044146j:image


デュジャックでは樽からMorey'15からClos de la Roche'15まで8種類を試飲していきました。

 

f:id:monsieur0204:20161207044844j:image

 

f:id:monsieur0204:20161207044709j:image

 

ボトルではClos Saint Denis'01を頂きました。

以前にもデュジャックは来た事がありますが、今回の2015年は素晴らしくイイですね、、。

 

デュジャックの試飲を終えてランチを食べた後に向かったのは、こちらもモレ・サン・ドニの「Domaine Arlaurd」です。

 

f:id:monsieur0204:20161207044921j:image

 

こちらも以前に伺いましたが、凄く人気が出てきましたよね、、。(当時、味わってみて納得ですけど。)

 

f:id:monsieur0204:20161207044949j:image

 

f:id:monsieur0204:20161207045021j:image

 

こちらには小さな樽がありました。

指摘すると、当主のシプリアン氏が更に小さな樽を指差しました。

 

f:id:monsieur0204:20161207045044j:image

 

アルロー、こういう仕事もするんですね。

 

f:id:monsieur0204:20161207045350j:image

 

アルローでは樽からAC Bourgogne'15からCharme Chambertin'15まで6種類しました。

 

f:id:monsieur0204:20161207045228j:image

 

ボトルでは14年を中心に何本か。

畑の数が多いので、試飲も大変です、、。

 

f:id:monsieur0204:20161207045322j:image

 

最後にCharme Chambertin'01を頂きました。

 

アルローの試飲を終えて向かったのがアンヌ・グロです。

 

f:id:monsieur0204:20161207045415j:image

 

以前からアンヌ・グロは行きたかったんです、、。フランス時代もよく飲みましたし、ちょっと感激。

 

f:id:monsieur0204:20161207045447j:image

 

f:id:monsieur0204:20161207045508j:image

 

アンヌ女史の娘さんが試飲の相手をしてくださいました。

 

f:id:monsieur0204:20161207045530j:image

 

タンクからHC'15からRichebourg'15まで8種類を試飲していきました。

毎回、何処のドメーヌに行っても最後には少し古いボトルを出してくださいますが、今回はここまで。

 

今回、3軒を試飲して思ったのは、総じて2015年は素晴らしいヴィンテージみたいです。

しかし、その分問題は値段でしょうか、、。

地元ブルゴーニュでもこれだけ高いですから、日本に着く頃の値段はどうなるんでしょうね。

色々、考えさせられましたし、今年も充実のドメーヌ訪問でした!