フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

ディジョンのMETROに同行。

ボーヌで飲食をされている知人と一緒に飲食業専門スーパー「METRO」に行ってきました。

日本では一般の方でも入れると思いますが、フランスは飲食業界の人限定です。

 

f:id:monsieur0204:20161210232816j:image

 

やはりこの時期なのでキノコ類が豊富です。

 

f:id:monsieur0204:20161210233054j:image

 

日本で使えば高級キノコの部類かもしれないジロール茸やトランペットが一杯です。

天然キノコは掃除が大変ですが、フランスならこれだけ買っても洗い場や研修生がやりますからね、、。

 

f:id:monsieur0204:20161207043344j:image

 

ハーブ類も豊富です。

やはりこの辺りが日本と違いますよね、、。

 

f:id:monsieur0204:20161207043404j:image

 

METROの魚は少し落ちるので、魚は日本の方が上だと思います。

 

f:id:monsieur0204:20161207043417j:image

 

少し冷房が強めの乳製品コーナーです。

こちらはフロマージュ類です。

 

f:id:monsieur0204:20161207043433j:image

 

こちらがバター類。

 

f:id:monsieur0204:20161207043511j:image

 

肉コーナーには半身の牛など、日本では、考えられない状態であります。

 

f:id:monsieur0204:20161207043528j:image

 

普通にイノシシ肉や野うさぎなどがありますからね、、。

 

f:id:monsieur0204:20161207043552j:image

 

大きな台車に食材をたくさん積んでいきます。

この日はあまり買わずに必要な物だけ購入してお会計。

 

今度は近くの「Grand Frais(グラン・フレ)」へ。

 

f:id:monsieur0204:20161207043615j:image

 

こちらは新鮮な生鮮食品が一杯です。

 

 f:id:monsieur0204:20161207043639j:image

 

こうした新鮮な野菜が自分の欲しいだけ購入出来るのが、フランスはズルいですよね、、。

 

f:id:monsieur0204:20161207043658j:image

 

こちらの人参も一般的なスーパーで購入出来ます。

 

f:id:monsieur0204:20161207043718j:image

 

こちらはオニオン・セヴェンヌ。

甘くて美味しいフランスを代表する玉葱です。

 

f:id:monsieur0204:20161207043734j:image

 

ジャガイモもこんなたくさん。

今では長野の直売所を回っていますからあまり多種のジャガイモに驚きませんが、当時はその種類と味にビックリしましたね。

 

f:id:monsieur0204:20161207043757j:image

 

信州の果樹農家の息子としては、やはりリンゴは気になります。

一応、これでもFujiです。

 

年に1度はこうしてフランスの食材に触れるのもイイですね。この感覚を大切にしたいと思います。