フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

真夜中のお疲れブラインドワイン会。

ボーヌ滞在中に仕事終わりのお疲れワイン会に参加してきました。

先ずはお店のスタッフの方々と泡で乾杯。

 

f:id:monsieur0204:20161128004038j:image

 

ここからはお店の食事を摘みながらのブラインドワイン会です。

 

先ずは白ワインから。

 

f:id:monsieur0204:20161128004115j:image

 

皆がちょっと良いシャサーニュ・モンラッシェなどと間違えたのはマルク・コランのサン・トーバン'13。

やはりこの人のワインはクオリティ高いですよね、、。これは値段を考えてもお買い得ですね。

 

次は赤。

 

f:id:monsieur0204:20161128004135j:image

 

ルーミエのブルゴーニュ・ルージュ'13。

 

むしろ村名よりも生産本数が少ない為に、滅多にお目にかかれないルーミエのACブルゴーニュ。

実はこのヴィンテージの前後のルーミエはあまり評判が良く無いらしく、このワインのコメントも芳しく無かったです、、。

普段なら「流石、ルーミエ!」となる筈ですが、現地情報や実際に飲んでみると色々見えてきます。

美味しいんですけど、少しルーミエに過剰な期待をし過ぎていたのかもしれないですね。

 

まだ飲み足りないという事で追加融資。

 

f:id:monsieur0204:20161128004201j:image

 

シモン・ビーズのサヴィニィ1er cru'08。

こちらは文句無しの素晴らしい出来栄え。

2008年のワインの飲み頃を掴み切れていないのですが、そろそろ1級畑なら出してみても面白いかもしれないですね。

 

仕事終わりからブラインドで飲みながら、久しぶりに会った懐かしい方々とたくさん話して、とても楽しい夜でした。

楽し過ぎて、気付いたら朝の7時になっていました、、。

 

本帰国しても、こうして毎年迎えてくれる友人、知人がフランスにいるというのは有難い事ですね。