読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

サルキッチンで食事。

県外のレストラン。

先日の東京遠征の夜は以前から気になっていた東中野「サルキッチン」さんに伺いました。

 

f:id:monsieur0204:20161024203031j:image

 

小さな路地の先にあるこじんまりとしたフレンチレストランです。

 

f:id:monsieur0204:20161024203132j:image

 

メインはスコットランド産の雷鳥

ここから羽を毟って仕上げていくそうです。

 

f:id:monsieur0204:20161024203305j:image


ワインは雷鳥に合わせてJacky TruchotのMorey-St-Denis V.V '05。

以前からトルショーは飲んでみたかったんです。リストに手頃な値段であって感激。

開くのに時間がかかりましたが、開くワインの時間に合わせたゆっくりした食事もイイですね。

 

f:id:monsieur0204:20161024203335j:image

 

アミューズはキノコたっぷりのジュレです。

信州でもキノコ料理はたくさん作りますが、やはりこの時期のキノコは美味しいですね。

 

f:id:monsieur0204:20161024203510j:image

 

前菜はヒラメのタルタルに上にはツルムラサキときゅうり。

ツルムラサキを細かく刻んでこうして魚と合わせるのもアリですね。地元の岩魚などと合わせてみたくなりました。

 

f:id:monsieur0204:20161024203710j:image

 

スープはビスクです。

 

攻殻系のスープにルイユを付けたクルトンを浮かべながら食べました。

長野で攻殻系の料理を作らないので、やはり美味しいですよね。

ザリガニや沢蟹、川エビなんかで作りたい。

 

f:id:monsieur0204:20161024203946j:image

 

魚はカサゴです。

食べれない部分はサービスの方のお話通りに手で取って食べました。食べ方に拘らず、美味しく頂けました。

 

f:id:monsieur0204:20161024204127j:image

 

待ちに待った雷鳥です。

この辺りでやっとワインも開いてくれました。

ジビエにワイン。これがフレンチですよね。

 

f:id:monsieur0204:20161024204334j:image

 

盛り込みは華やかでは無いけど、どのお皿も丁寧に作られていました。
食事後も料理に随所に拘りを見せるシェフと色々と話し込んでしまいました。

 

こじんまりした雰囲気で食事も美味しいですし、ワインの値段も良心的。
凄く素敵なレストランでした‼︎