読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

滿(みつ)で蕎麦懐石。

信州のレストラン。

伊那の帰りに松本「蕎麦と料理 滿(みつ)」さんで蕎麦遊膳を頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20160701211417j:image

 

滋賀県余呉の名宿「徳山鮓」で修業されたご主人のお料理とお蕎麦が頂けます。

 

f:id:monsieur0204:20160701211456j:image

 

先ずは八寸。

和食さんの仕事は細かいですね、、。

日本ではフランス料理の食べ歩きは辞めましたが、やはり和食さんの仕事は勉強になります。

 

f:id:monsieur0204:20160701211824j:image


コースの途中で頂く山椒オイルを絡めた山椒蕎麦。

蕎麦の風味を消すと思いきや、全くそんな事も無く素晴らしく美味い。

山椒の使い方は徳山鮓の流れでしょうか。

こんな蕎麦の食べ方は初めてだったので、ちょっとした衝撃です。

 

f:id:monsieur0204:20160701212024j:image

 

シナノユキマスの蕎麦寿司。

下は米かと思いきやお蕎麦でした。

こちらも初めて食べる美味しさです、、。

添えてあるシオデとワラビが嬉しいですね。

 

f:id:monsieur0204:20160701212156j:image

 

蕎麦がきの椀物。

こんなに多彩に蕎麦を、しかも驚きの美味しさで提供される事にとにかく驚き。

 

f:id:monsieur0204:20160701212403j:image

 

鹿の部位色々。

野生のイチゴが良いアクセントですね。

 

f:id:monsieur0204:20160701212449j:image

 

ここまできたら〆の蕎麦も当たり前ですが素晴らしい。

 

f:id:monsieur0204:20160701212526j:image

 

青梅のデザート。

そのままでも美味しいのですが、同席された方々は日本酒をかけて食べていました。

自分は車の運転なので我慢、、。

 

f:id:monsieur0204:20160701212718j:image

 

自分としては今回の訪問は東御「草如庵」を見つけた時のような衝撃でした。

只々、素晴らしい、、。

 

これから予約が取れなくなる事、間違い無いですね。

また通いたいお店が増えてしまいました!

 

f:id:monsieur0204:20160701212800j:image