フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

稲の植え直しも終了。

ウチの田んぼの植え直しをしてきました。

f:id:monsieur0204:20160608130251j:image

機械で植えた後の抜けた苗や植えられなかった箇所を手で植え直していきます。

田んぼを回ってみると意外と植えられるものです。

f:id:monsieur0204:20160608130419j:image

直した分だけでも結構なお米になりそうです。これで家族の食べる1年分の米は賄えそうですね。

 f:id:monsieur0204:20160608130431j:image

6月の軽井沢は週末だけ集客が見込めるので、完全予約制で予定が組み易い出張料理。

来週は僕の貯蔵するワインが飲みたいと言うお客様が多いので、東京でワイン会も開催します。

それ以外は基本的に夏の繁忙期に使用するハーブや食用花の畑仕事や家業の果樹園の摘果作業、ワイナリーツアーをやっていきます。

あまり調理は利益が上がらないので、しばらくは休業ですね。

畑の土を弄りながら次回や来月のワイン会のメニューを悶々と考えていきますか、、。
様子を見ていると今年の軽井沢の6月週末は例年以上に集客が見込めそうなので、来年は週末だけ少し調整しようかと考えています。

フリーランスでやっていますが、リゾート地で集客時期が分かり易い事から色々な事に挑戦できます。

調理、畑、ワインツアー、フランスの買い出し、レストランのコンサルタント、、かなり1年間の流れがしっかりしてきました。