フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

豊橋でウズラ飼育を見学。

岡山帰りの愛知遠征。最後はウズラ飼育の豊橋市「東海有機」を訪問しました。

f:id:monsieur0204:20160427213735j:image

豊橋市は日本で唯一ウズラの農協があるくらい有名な町です。

f:id:monsieur0204:20160427213856j:image

東海有機さんのウズラは「鳩?」と間違えるくらい立派なサイズで、昨年の出張料理にも使わせて頂きました。(とても好評でした!)
こちらはその時に届いた特大のウズラです。

今回は内田社長にお願いして、その施設を見学させて頂きました。(施設内は掲載NG)

f:id:monsieur0204:20160427214024j:image

施設見学後は羽剥き方法の違うウズラ肉の比較試食。
やはり職人の手剥きの肉は違いますね、、。

実際に飼育されている方やその現場を見ると、食材を扱う気持ちもやはり変わると思います。
基本的には県産しか使わない自分ですが、縁のある素晴らしいお肉は使いたいですね。
鶏インフルエンザでフランスからの鶏肉もストップしていますから、これからもっと需要が伸びそうです。

f:id:monsieur0204:20160427214053j:image

長野から東京、岡山、愛知とかなりの移動になりましたが、充実の遠征になりました‼︎