フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

白樺樹液を採取。

製造元の黒澤酒造、黒澤さんに案内をして頂き、八千穂高原の白樺林に白樺樹液採取の設置のお手伝いに行ってきました。

f:id:monsieur0204:20160412225822j:image

佐久穂町にある八千穂高原には日本一の白樺林があります。
3月下旬、雪解けとともに活動を始める白樺から採取する樹液は、多種のミネラルや有機物を含んだこの時期にしか採れない正に自然の恵みです。

f:id:monsieur0204:20160412225901j:image

電動ドリルで幹に穴を開けていきます。

f:id:monsieur0204:20160412225946j:image

穴からポタポタと溢れる樹液。
その場で頂きましたが、凄く冷たくてほんのり甘くて美味しかったです、、。

f:id:monsieur0204:20160412230103j:image

こちらにポリタンク付きの管を刺してセット完了です。
開けた穴は後日、コルクを刺しておくと自然と直るそうです。

f:id:monsieur0204:20160412230236j:image

このまま飲むのも勿論ですが、こうした地域の食材は自分の料理に活かしたいですね。