読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

富山の工房見学。

県外のお店。
富山のリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶(がらく)」に一泊して次の日は、レストラン「L'evo(レヴォ)」谷口シェフの案内で2件の工房訪問をさせて頂きました。

f:id:monsieur0204:20160330095053j:image

先ずは「高野もなか店」

後で知ったのですが、富山は最中の製造が有名みたいです。
高野さん以外にも10件ほどあるそうです。

f:id:monsieur0204:20160330095211j:image

前日のL'evoのアミューズに使われた昆布最中はこちらで作られています。

f:id:monsieur0204:20160330095313j:image

1つ1つ丁寧に手作業で作られていきます。
状態の良い物を食べて頂きたいという事で、必要以上は焼かないそうです。

お店では焼いたばかりの最中にアイスを詰めたアイス最中を頂けます。

f:id:monsieur0204:20160330095729j:image

富山の鮨の名店「鮨人」の塩最中もこちらの物です。

f:id:monsieur0204:20160330095551j:image

ホテルスタッフのお土産用に購入して、皆でアイスを詰めて楽しみました。

f:id:monsieur0204:20160330100117j:image

2件目は「Shimoo Design」

富山の郊外で下尾夫妻が営む小さな木工家具工房です。

f:id:monsieur0204:20160330100322j:image

昨年12月に伺った滋賀の徳山鮓のお皿もこちらの物です。
今回の訪問は徳山さんの依頼したお皿の確認も兼ねてですね。

f:id:monsieur0204:20160330100231j:image

自宅兼展示場で作品を見せて頂きました。

f:id:monsieur0204:20160330100602j:image

この辺りのフォルムの滑らかさが素敵ですね。
レストラン用のお皿としても取り易そうです。
(注文は数ヶ月待ちですけど、、。)

工房も見学させて頂き、富山の工房ツアーも終了。谷口シェフ、ありがとうございました‼︎

f:id:monsieur0204:20160330100850j:image

帰りには富山市のパティスリー「La Girafe」でカフェしました。

f:id:monsieur0204:20160330101017j:image

店内も趣きがあり、どちらかというとクラシックなお菓子類とカフェが合いますね。
(お菓子はうっかり撮るのを忘れてしまいました、、。)

地元の優れた職人との繋がりで素晴らしいレストランを作り上げている谷口シェフの姿勢も勉強になりました。
富山には素晴らしい食材、職人がたくさんですね。

徳山鮓の徳山さんに同行させて頂いた今回の富山ツアー。
充実の2日間でした‼︎