読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

今年初のワイナリー巡り。

仕事。 信州の日常。
雪も溶けて動き易くなったので、休みを利用して今年初めてのワイナリー巡りをしてきました。

f:id:monsieur0204:20160225011139j:image

先ずは小布施ワイナリーから。
出荷時期やその銘柄などのお話をしてきました。

帰りに日本酒も仕込んでいるという事で、酒粕を頂きました。あれだけ酒粕が出るようでしたら、上手く料理に活用してみたいですね。

f:id:monsieur0204:20160225011426j:image

2軒目はアルカンヴィーニュに行きました。
カフェを頂きながら、同じく出荷時期などをお聞きしました。

馴染みのワイン屋さんにも寄りました。

f:id:monsieur0204:20160225011604j:image

こちらはマンズワインのソラリス・ブラン'12とルージュ'12。
インポーターのテラヴェール経由のみの販売で、中身はマセラシオン・リミテとユヴェンタらしいです。
位置的にはソラリスのセカンドワインでしょうか、、。今迄、見た事が無かったので購入してみました。

f:id:monsieur0204:20160225011839j:image

マンズワインの最上級キュヴェはソラリスですが、実は良年だけ仕込まれる「MAGNIFICA(マニフィカ)」というシリーズがあります。
左は'06、右は今回購入した'09です。
このクラスだと長く寝かせてみたいですね、、。

f:id:monsieur0204:20160225012512j:image

ドメーヌ・ナカジマのペティアンナチュールロゼ'15。

まだ飲んだ事が無かったので、4月のコラボディナーの食前酒で使えそうか試す為に購入しました。
これから白馬の外国人スタッフと一緒に飲んでみたいと思います。

f:id:monsieur0204:20160225012726j:image

アズッカ・エ・アズッコのピノ・ネロ'14。

愛知方面のワイナリーですが、奥様が東御出身という事で何か縁がありそうなので購入しています。

佐久の自宅に帰って一泊して、朝は畑の様子を見てきました。

朝から私用を済ませて、その後に行ったのは小諸のマンズワイン。

f:id:monsieur0204:20160225012130j:image

先日、軽井沢でお世話になっているレストランの後輩がお世話になったので、そのお礼も兼ねて行ってきました。

時間が無かったので今回は小布施ワイナリー、アルカンヴィーニュ、マンズワインの3軒。
4月にコラボディナーや出張料理も控えますので、ワインの出荷状況の確認や食材の相談などをしてきました。

f:id:monsieur0204:20160225012955j:image

白馬は20日の火祭りが終わって、あと2週間ほどでほぼ終了です。(後日、白馬生活の総括を書きたいと思います。)
書きたい事が山ほどあるんです、、。

続々依頼が入っている4月の出張料理の準備もしないといけないので、時間を見つけて食材やワインの準備、古民具なども含めた料理のプレゼンなどを考えていきたいと思います。