読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Clown Barで食事。

パリ初日の夜は人気のビストロ「Clown Bar」に行ってきました。

f:id:monsieur0204:20151208023938j:plain

同時多発テロからまだ数日、数百メートルしか離れていませんが、この日も満席。立ち飲みのお客さんまで居ました。
観光客に頼る星付きレストランはテロの影響をモロに受けてキャンセル続きらしいですが、地元民の集まるお店は強いですね、、。

アラカルトですが、適当に前菜、メイン、デザートを頼みました。

f:id:monsieur0204:20151208024103j:plain

先ずは仔牛の脳みそ。
脳みそと言っても、イメージ的には白子でしょうか。貝類との相性もイイですよね。
フランスに居た時にはよく食べましたが、日本で食べる機会は無いですからね、、。ここぞとばかりに頼みました。

f:id:monsieur0204:20151208024335j:plain

メインは鳩を頼みました。
正直、消去法で頼んだのですが、ボリュームもあって大満足。

f:id:monsieur0204:20151208024459j:plain

ワインはシュレールのピノ・ノワール
1人だったので1本で通せるワインをお願いしたらこれになりました。
両方に合うワインも無かったので、どちらかと言えば鳩寄りのチョイスです。
初日なのであまり重たいワインも飲みたく無かったですからね。
自然派ワインのレストラン「Saturne(サチュルヌ)」と同オーナーという事で、自然派ワインは豊富です。

デザートはクイニーアマンをお願いしました。

厨房は渥美シェフを中心とした日本人チーム。ここでも日本人の料理人が大活躍ですね。

初日からパリのビストロの雰囲気を存分に味わった、とても満足な夜でした。(初日から少し飲み過ぎてしまいました、、。)