読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

MARUCAFEで料理。

39BAR(サクバル) 仕事。 出張料理。

地元のカフェ「MaruCafe」さんで料理を作ってきました。


マルカフェの店主、零さんの呼びかけで実現。11名様にコースで計6皿をお出ししました。


f:id:monsieur0204:20151018000113j:plain

こちらは佐久穂町の野菜生産者「GoldenGreen」在賀さんの人参を使用したババロアとムース。

f:id:monsieur0204:20151018000237j:plain

前菜は「八千穂魚漁業」さんの信州サーモンの柑橘マリネ。蕪やサラダ春菊もGoldenGreenの物です。

f:id:monsieur0204:20151018000513j:plain

写真はありませんが、この前に松茸のロワイヤル(洋風茶碗蒸しにコンソメ)がありました。
魚はアイナメに東御産のマコモダケのキャラメリゼ。カリフラワーも東御産です。

f:id:monsieur0204:20151018000818j:plain

メインは中野産SPFポークのロースト。中野産の胡桃のソースと山葵。
胡桃も自分で割って実をほじくって取り出してソースにしました。

デザートは自宅庭のラ・フランスのコンポートです。ベルベーヌを添えて香りを楽しんで頂きました。

普段は夜営業の無いマルカフェさんの素敵な雰囲気で自分の料理が出せた事を嬉しく思います。
器も自分好みの物ばかりで盛り易かったです。


佐久の職人に集まり「39Bar(サクバル)」、佐久をデザインするデザイナーの集まり「D39(デザインサク)」など、色んな繋がりで地元でも仕事が増えてきました。

佐久ならもっと面白い事が出来ると思いますし、こうした依頼は大歓迎ですね。

自分は食の分野からもっと地元を盛り上げていけたらと思います。