読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

軽井沢で第2回1989年ワイン会。

出張料理。 仕事。 軽井沢ワイン会。

先週末は恒例の軽井沢DVDワイン会の出張料理をしてきました。

 

f:id:monsieur0204:20150904160206j:plain

 

今回のテーマは前回に引き続き「1989年」の第2弾です。

 

f:id:monsieur0204:20150904160229j:plain

 

Bollinger /Vieilles Vignes Francaises  

Alain Robert /Le Mesnil Reserve (magnum)

 

f:id:monsieur0204:20150904160253j:plain

 

Leflaive/Puligny Montrachet 1er Cru Les Combettes

Lafon/Meursault 1er Cru Charmes

G.Roumier/Bonnes-Mares

 

f:id:monsieur0204:20150904160315j:plain

 

Meo-Camuze/Vosne Romanee 1er Cru Cros Parantoux

Leroy/Chambertin

 

(追加)

Leroy/Gevery-Chambertin 2004

 

メオ・カミュゼのクロ・パラントゥは以前の「メオ・カミュゼの会」で同じ1989年を飲んでいますから、個人的に注目はやはりルロワのシャンベンタンでしょうか。

おそらくもう飲む機会も無いであろう貴重なワイン。メオ・カミュゼとの味わいの性格の違いも興味深かったです。

 

f:id:monsieur0204:20150904160733j:plain
 
参加者にルロワ好きの方が居たので、主催者のご好意で開いたルロワの村名ジュヴレ・シャンベンタン'2004。
2004年はてんとう虫の大発生により本来は不良の年とされています。
ドメーヌ・ルロワはそんな年のグラン・クリュ(特級)などに値しない葡萄をすべて混ぜて1番下の村名ワインでリリースしました。
このワインはそうした背景から、村名を超えたポテンシャルがあります。
 
f:id:monsieur0204:20150904161210j:plain
 
料理さえ出してしまえば、自分も同じようにワインを楽しみます。
長野県がワイン県を目指す上で、必ずワインに寄り添う料理を作る料理人が必要になります。
ワインを先ず知る事が大切だと思うので、こうして一流のワインを頂ける事で凄く勉強になってます。(自分が払えるような会費では無いですからね、、。)
主催者の方はパリ時代に知り合ったのですが、いつも贔屓にして頂いて本当に感謝です。
 
次回、料理を書いていきます。
 
f:id:monsieur0204:20150904161810j:plain