フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

軽井沢で1989年ワイン会。

夏の繁忙期前に恒例のDVD軽井沢ワイン会の出張料理をしてきました。


f:id:monsieur0204:20150806011558j:plain


今回のテーマは「1989年」です。


f:id:monsieur0204:20150806010154j:plain


Krug Grande Cuvee 

Krug Vintage  1989


f:id:monsieur0204:20150806010254j:plain


Leroy /Corton Charlemagne 1989


f:id:monsieur0204:20150806010310j:plain


Louis Latour /Corton Charlemagne 1989


f:id:monsieur0204:20150806010325j:plain


Bonneau du Martray /Corton Charlemagne 1989


f:id:monsieur0204:20150806010343j:plain


d’Auvenay /Auxey Duresse Les Clous Rouge 1989


f:id:monsieur0204:20150806010401j:plain


Emanuel Rouget /Nuits Saint Georges 1989


f:id:monsieur0204:20150806010417j:plain


DRC /Echezeaux 1989


f:id:monsieur0204:20150806010437j:plain


Henri Jayer /Echezeaux 1989


追加で


f:id:monsieur0204:20150806010458j:plain


Prieure Roch/Clos de Beze 1996


この中ではやはりアンリ・ジャイエのエシェゾー'89でしょうか。ネット上では一本40〜100万円ですから、自分なんかには到底手も出ないワインです、、。

フランス時代に同じ89年のクロ・パラントゥを飲んでいるので久しぶりにジャイエを飲みましたが、89年は抜群に良いですね。

もう1本の注目はドーヴネのオーセイデュレスでしょうか。

そもそも赤があるのを知りませんでした。

いつもこの会担当のソムリエの先生も初めてと言うのですから、相当貴重なワインなんでしょうね。

1回でも飲んだ事があるのと飲んだ事が無いとでは雲泥の差ですから、毎回自分もしっかり試飲させて頂けてとても勉強になっています。

次回、料理を書いていきたいと思います。


f:id:monsieur0204:20150806011531j:plain