読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

寺×フレンチの下見。

仕事。

9月予定で地元で行われる「寺×フレンチ」イベントの下見に行ってきました。


f:id:monsieur0204:20150706003422j:plain


佐久市はフランス、ブルゴーニュ近郊のアバロン市と姉妹都市関係にあるのですが、2つの街を結びつけたのが当時ヨーロッパで禅普及に努めていたこちらのお寺でした。


f:id:monsieur0204:20150706003453j:plain


今回はお寺のイベントにフランスを絡めようという事で、その料理を担当する事になりました。

調理場やその他の設備を見せて頂きながら、出来る事、出来ない事を考えていきました。


f:id:monsieur0204:20150706003559j:plain


これから長野県はワイン県を目指す中で、ブルゴーニュ近郊のアバロン市と姉妹都市というのは佐久市にとって大きなメリットだと思います。(今迄、この話が一切出てこなかったのが不思議な位です。)


この日の一週間前にもヨーロッパから禅普及の為に御坊様方がいらしていたそうです。(フランス語を話せるチャンスでしたが、残念です、、。)

こうした文化交流があることを佐久市の方々に広く知って頂く為にも、料理もこれからしっかり考えたいと思います。