読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

39BARコラボとワイン会。

信州の日常。 39BAR(サクバル)

佐久を盛り上げたい職人の集まり「39BAR(サクバル)」メンバーでブーランジェリー「リアン」さんに集まって今回は少人数のワイン会?です。


f:id:monsieur0204:20150701235146j:plain


元々はメンバーの1人、家具製作「nemo furniture」荻原さんが製作してくれた木工のテーブルウェアに何か盛ってみようという企画でした。


f:id:monsieur0204:20150701235209j:plain


佐久穂の信州サーモンや生ハム、佐久産のフロマージュなどを盛り込みました。


f:id:monsieur0204:20150701235354j:plain

盛り込むとやはり素敵ですね。
こういう企画と知っていたら、自分も畑のハーブや花を持って来たのに残念です。

ある程度イメージが出来たら、場所を変えて皆で持ち寄りのワイン会です。


自分もいつもは料理担当ですが、この日はワインを準備しました。


f:id:monsieur0204:20150701235621j:plain


「Chablis 1er cru Montée de Tonnerre 2008」(F.Raveneau)


f:id:monsieur0204:20150701235929j:plain


シャブリの最高峰、ラヴノーの1級モンテドトネル。

2年前にラヴノーは訪問しましたが、生産者のジャン・マリも職人気質ですよね、、。

他のシャブリとは全く違う伝統的な造りの拘りは、今回の39BARにはピッタリだと思いました。


f:id:monsieur0204:20150702002328j:plain

皆で持ち寄り、随分と飲みました、、。


いつもは20人以上の立食で盛り上がりますが、今回は着席で少人数だったのでいつもより濃い話が出来ました。


今は北欧料理の影響もあり、木工のお皿などが重宝されます。

しかし、家具職人や木工職人の方々はそれを知りません。

今回、何回も重ねた39BARの話し合いの中から、こうして新しいコラボが出来た事は嬉しいですね。


自分も別の物を発注していますし、次回使用予定の出張料理が楽しみです。

良い物を作って頂いているので、今度は自分が軽井沢のお客様に佐久には素晴らしい職人がたくさん居る事をアピール出来たらと思います。