読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

La Tour d'Argent Tokyoで食事。

県外のレストラン。

ニューオータニ内「La Tour d'Argent  Tokyo」に行ってきました!


f:id:monsieur0204:20150603000626j:plain

日本人シェフが僕の先輩なので前日にご挨拶に行ったのですが、まさかこんなに早く訪問できるとは思いませんでした。

f:id:monsieur0204:20150603000606j:plain

お店の雰囲気がグランメゾンですよね、、。あまり自分もこういうレストランには来ないので、楽しみ過ぎてはしゃぎまくりです。

f:id:monsieur0204:20150603000804j:plain

前菜はアオリイカキャビアにしました。
どうも日本でフォアグラなどの料理を食べたいと思わないんですよね、、。
食べるならパリ本店かなと。

f:id:monsieur0204:20150603000941j:plain

こちらもスペシャリテのクネル。
前菜で頼めるのですが、これは全員分を小ポーションで出して頂きました。

f:id:monsieur0204:20150603001115j:plain

メインは鴨とそのガラで取った血のソースです。
以前からこれを食べたかったんです!

f:id:monsieur0204:20150603001229j:plain

こちらの器具で潰してソースを作ります。
客席から見える場所で火が入り過ぎないようにゆっくりかき混ぜながら温めていきます。

f:id:monsieur0204:20150603001424j:plain

付け合わせはこれまたクラシックなポム・スフレ。
ポテトチップスを膨らませたイメージですね。

f:id:monsieur0204:20150603001609j:plain

更にはモモ肉とサラダ。
何だかこの鴨だけで、3皿も出て来たのは驚きました。

パリの本店が1582年創業。

ここまでくると単純に食事というより「歴史を食べる。」と言った感じでしょうか、、。

代名詞というべき鴨には番号が付くのですが、自分は235259羽目でした。

(ちなみに東京支店は昭和天皇が53211羽目を召し上がったという事で53212羽目から始まっているそうです。)


f:id:monsieur0204:20150603001744j:plain

デザートはクレープシュゼット。

f:id:monsieur0204:20150603001854j:plain

サービスの方が目の前で調理してくれました。

f:id:monsieur0204:20150603002015j:plain

ワインは泡で始めてこの3本。

f:id:monsieur0204:20150604103301j:plain

「Puligny-Montrachet Les Pucelles 2004」(Lefleive)

「Chateau La Misson Haut Brion 1997」

f:id:monsieur0204:20150604103457j:plain

「Ruchottes Chambertin 1999」(A.Rousseau)


王道のフランス料理、何とも贅沢な時間を過ごさせて頂きました!


f:id:monsieur0204:20150604103617j:plain