読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Passage53フェアのお手伝い。

ホテルニューオータニで行われたパリのレストラン「Passage53」フェアに元スタッフとしてお手伝いに行ってきました。


f:id:monsieur0204:20150529000515j:plain

自分の人生を変えたと言っても過言では無い、本当に自分にとっては特別なレストランです。
今でもあの時パリで佐藤シェフと働けなかったらどうなっていたんだろう?と思います。
久しぶりにあの緊張感の中で働けるとあって、気合い入れてホテル入りしました。


1日仕込み、3日間営業の4日間参加でした。本店を閉めて来日中の現地スタッフ、元スタッフ、ニューオータニスタッフと各ポジションに分かれて仕上げていきました。

しかし昼、夜各85名様前後の6回営業(パリは20席弱です。)はさすがにしんどかったです、、。


メニューは佐藤シェフのスペシャリテを中心に構成されています。


f:id:monsieur0204:20150529000758j:plain

先ずはブロッコリーの一皿。
自分はまだ1ツ星も取っていなかった開店したてのPassage53でこの料理を食べて働けるようにお願いしました。
自分にとっても特別な一皿です。

f:id:monsieur0204:20150529001006j:plain

イカとカリフラワー。
見た目も白で統一された美しい料理だと思います。
自分も当時、カリフラワーを生でスライスして頂くという発想にビックリした一皿ですね。

f:id:monsieur0204:20150529001152j:plain

玉ねぎとチョリソー。

ローストした玉ねぎを分解してチョリソーを重ねて元に戻してキャラメリゼするとても手の込んだ料理です。
今回は日本の新玉ねぎで代用したので、水がたくさん出て大変でした、、。
ちなみにトリュフの時期はチョリソーの代わりにトリュフを重ねます。

f:id:monsieur0204:20150529001430j:plain

オマールとグリーンピース

子供の嫌いな野菜の代名詞とでも言えるグリーンピースですが、パリの野菜名人ジョエル・チボーさんの作るグリーンピースは最高に美味しかったです。パリの本店はチボーさんのグリーンピースを使いますが、今回は量の関係で他業者だったと思います。
それでもグリーンピースの鮮やかな緑がオマールの赤をより一層引き立てます。

他にも多数の料理が出されました。

本当に緊張感溢れる4日間にパリの厨房を思い出しましたね。

久しぶりに佐藤シェフや懐かしいスタッフ、大勢のニューオータニの方々と一緒に仕事が出来まして、充実感もあって最高に楽しかったです‼︎