読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

別荘新築祝いの出張料理。

出張料理。 仕事。

新築された知り合いの別荘で新築祝いの集まりがあるという事で、軽井沢に出張料理に行ってきました。


f:id:monsieur0204:20150518001159j:plain

この日はディナーだったので、朝から食材探し。こちらはウチの裏山にあるコシアブラ

f:id:monsieur0204:20150518001308j:plain

こちらも山菜のコゴミです。

f:id:monsieur0204:20150518001347j:plain

自分で育てた食材も使います。こちらはマーシュですが、スーパーで売られているような大きなサイズにならないようにワザと密植させて小さく作っています。

f:id:monsieur0204:20150518001524j:plain

マーシュ、カプシーヌ、アマランサス、プルピエ、リーフキャロットなどなど。

東御市には朝からアスパラの買い出しに行ってきました。クレソン、山葵摘みは時間の都合上、前日に済ませました。

(いつものランチで料理よりはまだ余裕がありましたが、それでも当日仕込みはバタバタでしたが、、。)


f:id:monsieur0204:20150518001813j:plain

山菜はシンプルにフリットに。横にラディッシュ下ろしにナッツオイルを混ぜた物を添えました。

f:id:monsieur0204:20150518001928j:plain


八千穂漁業(佐久穂町)さんの素晴らしい大岩魚をマリネして使用しました。

東御産のアスパラとの相性もいいので、この時期はこの組み合わせが気に入っています。


f:id:monsieur0204:20150518002055j:plain

こちらもいつも大好評の山女魚(ヤマメ)のリゾットです。
山女魚はいつもの八千穂漁業さんの物。
リゾットと言っても魚の風味を大事にして玉ねぎやフロマージュは抜きです。
その代わりに少しだけ葉ニンニクを炒めたり、最後に地元の菜の花オイルでまとめています。

f:id:monsieur0204:20150518002340j:plain

最近、1番お気に入りのSPFポークを塊でローストして切り分けました。
付け合わせは白土馬鈴薯と極細アスパラ。山葵の葉と山葵クリームを添えました。
リアンさんのパンやKさんのフロマージュなど地元密着の料理で楽しんで頂けたかと思います。

f:id:monsieur0204:20150518002549j:plain

ワインはこの4本。
自分も料理を出し終えてからはお客様と同席させて頂きました。

f:id:monsieur0204:20150518002703j:plain


今回も美味しいワインにピアノの生演奏、参加者の方々も素晴らしい方ばかりで素敵な夜でした。

(やはり、こうした方々とお話するのは刺激的で、大変勉強にもなります。)


この出張料理でGWの繁忙期の仕事も終わったので、次からは夏に向けての畑仕事を開始したいと思います。