読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Restaurant A.Tで食事。

フランス旅行。 フランスのレストラン。

パリ最後の滞在日は「Restaurant A.T」に行ってきました。


シェフの田中君は日本でもパリでも一緒に働いた事があったので、楽しみに行きました。

夜にはニースに向かわなければいけなかったので、食事は昼メニューで簡単に。


f:id:monsieur0204:20150406001954j:plain

「Chips de Charbon」

先ずはチップスから頂きます。
Charbonは日本語で炭です。盛り方や演出が素敵ですね。

f:id:monsieur0204:20150406002316j:plain

「Poireau/Beurre Noisette(西洋ネギ/焦がしバター)」

ここからはメニューには食材名しか書かれていません。最初からそうなんですけど、盛り付けは細かいです。

f:id:monsieur0204:20150406002623j:plain

「Langue de Veau/Radis(仔牛の舌/ラディッシュ)」

自分もフランス時代は好きでよく使っていた仔牛の舌。
最初にプレゼンをしてからサービスの方がブイヨンを注いでくれます。

あまり全部書くのもどうかと思うので2品(+サービス1品)を頂いた後のメイン。

f:id:monsieur0204:20150406003050j:plain

「Canard/Oignon/Crosnes(鴨/玉葱/ちょろぎ)」

最初に焼かれた鴨をプレゼンしてくれます。

f:id:monsieur0204:20150406003555j:plain

盛ったお皿に最後にサービスの方がソースをかけてくれます。
ちょろぎは写真の渦巻き状の野菜です。

最後にデザート。

f:id:monsieur0204:20150406003907j:plain

ワインはメニューに合わせたお任せがあるのでそれを頼みました。
お店の目の前がトゥール・ダルジャンという事もあるのでしょうが、俗に言う自然派ですね。

スペインやベルギーの星付きで働いた経験を活かした繊細な料理を美味しく頂きました。

食事後は厨房などを見せてもらいました。


結局、今回もパリ滞在中は日本人シェフのお店ばかりに行きましたが、明らかにレベル高いですよね、、。


自分も良い刺激を貰ったので、帰国後の料理に活かしたいと思います。


f:id:monsieur0204:20150406004112j:plain