フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

コート・ド・ニュイを散策。

ディジョンから宿泊拠点のボーヌに帰るのに、友人も同じ時間にボーヌに用事があるという事で車に乗せて貰って少しニュイの散策をしました。


先ずは友人のJ.F Mugnierのワインの回収のお手伝い。ミュニエに入ったのはこれが初めて。試飲はもちろん出来なかったですけどね。(写真を撮り忘れた、、。)


ヴージョ城で頼まれていた日本のお土産を購入。これはここでしか買えないんです。


f:id:monsieur0204:20150404115641j:plain


周りにメオ・カミュゼの畑があるのですが、この辺りでウドンに最適な葱が生えるらしい。


f:id:monsieur0204:20150404115702j:plain

探してみたらありました‼︎


f:id:monsieur0204:20150404115730j:plain


帰り道のロマネコンティでベタな一枚撮りました。


f:id:monsieur0204:20150404115814j:plain

近くにあった剪定した枝を拾ってポーズ。ベタ過ぎるな、、。

よく考えると毎年いつも1人で自転車で走っていたので、こうした写真が手元にありませんでした。


f:id:monsieur0204:20150404115950j:plain


他にもやたらと資本力を感じるルロワの畑見学。こちらはリシュブール。

作業中に樹が傷付かないようにしているとか。


f:id:monsieur0204:20150404120311j:plain

こちらはロマネ・サン・ヴィヴァンでチーム・ルロワが作業中。隣の畑との違いは一目瞭然。
こんなに杭を打てる資本力と妥協無き仕事がルロワだな、、と思いました。

f:id:monsieur0204:20150404120727j:plain

散策しながら無事にボーヌに到着。
いつもしない事をして楽しめました。友人に感謝ですね。

f:id:monsieur0204:20150404120952j:plain