読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Domaine Philippe Colinを訪問。

フランスのドメーヌ。 フランス旅行。
ブルゴーニュのドメーヌ訪問2日目は3軒のドメーヌを訪問しました。

f:id:monsieur0204:20150404011434j:plain

2軒目は「Domaine Philippe Colin」

ドメーヌ・ミシェル・コラン・ドレジェのミシェル・コランが2003年に引退し、ふたりの息子、フィリップとブリュノはそれぞれ独立。(グロ家と同じで別れ過ぎていてよく分からん、、。)
長男のフィリップは父ミシェルの新しい醸造施設を引き継ぎ、醸造家のジェラルディーヌ・ゴデを右腕としてブドウ栽培とワイン醸造に従事している。

大きな綺麗な醸造所で隣は別ドメーヌ?訪問時は間違えて隣のドメーヌに入って行ってしまいました、、。

フィリップが所有するブドウ畑は9ha程度だが、これに加え2.5ha分ほどのワインをネゴスとして生産。アペラシオンは当然、お膝元のシャサーニュ・モンラッシェが中心で、ショーメ、シュヌヴォット、ヴェルジェ、モルジョなどの1級畑を所有。サントーバンやサントネイ、マランジュにも畑を持ちます。ただし、このドメーヌでもっともきらびやかに光り輝くのは、ピュリニー・モンラッシェにあるふたつのクリマ、特級シュヴァリエ・モンラッシェと1級ドゥモワゼルで、シュヴァリエ・モンラッシェは一族の所有面積が計0.30haあり、このうち0.07haはいまだミシェルがワイン造りをしているが、残り0.23ha分をフィリップが栽培醸造しています。ドゥモワゼルはカイユレの南端に位置する0.6haのクリマで、小道を挟み向こうはモンラッシェ。所有者は3軒しかなく(ほか2軒はギィ・アミオとミシェル・コランの従兄弟のベルナール・コランだったが、後者は2007年にミシェル・ピカールに畑を売却)、フィリップ・コランが所有するのはこのうちの0.1ha。年にわずか2樽しか出来ない、幻のワインです。

(ネット資料参照)

シャサーニュ・モンラッシェ村だから下には掘れないんですね。地下カーヴが無いので温度管理が大変そうでした、

f:id:monsieur0204:20150404012051j:plain

試飲はすべて 瓶試飲でした。

f:id:monsieur0204:20150404012311j:plain

Chassagne-Montrachet '13
Saint-Aubin 1er cru Le Charmois '13
Saint-Aubin 1er cru Les Combes '13
Chassagne-Montrachet 1er cru Les Chamêes '11
Chassagne-Montrachet 1er cru Les Vergers '11
Chassagne-Montrachet 1er cru La Malroie 
'11
Chassagne-Montrachet 1er cru Les Chenevottes'11

シャサーニュ・モンラッシェ村だから赤も多く産出するので、

f:id:monsieur0204:20150404013615j:plain

Bourgogne Rouge '13
Chassagne-Montrachet 1er cru  Les Chênes '13

13年と11年を中心に9種類。しかも毎回注がれる量が多過ぎ。捨てるのが勿体無い、、。
総じてシャサーニュらしい酸のしっかりした果実味豊かなワインでした。しかし、試飲も慣れないと疲れますね、、。

さすがにシュヴァリエ・モンラッシェなんか出て来ませんが、シャサーニュ村のドメーヌは数えるほどしか訪問していないのでとても楽しめました‼︎

f:id:monsieur0204:20150404014829j:plain