読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Domaine des Lambraysを訪問。

ブルゴーニュのドメーヌ訪問初日は3軒のドメーヌ訪問をしました。

f:id:monsieur0204:20150326001126j:plain

1軒目は「Domaine des Lambrays」

1935年のAOC制定がされて以来、ブルゴーニュで特級に昇格された畑は稀少です。クロ・デ・ランブレイはまさにそのひとつです。
クロ・デ・ランブレイは標高250m、 コート・ド・ニュイの特級は、ほとんどがこの標高に位置しています。
クロ・デ・ランブレイの畑の歴史は古く、1365年シトー派修道院所有畑の中に Clos des Lambraysの名前を確認することが出来ます。1630年から当時のオーナーのルイ・ジョリー氏により、蔵および建築設備に投資し、所有者が余りに多数に渡るランブレイの畑を買収し始め、1866年新しいオーナーのアルベルト・セバスチャン・ロディエ氏の時期に買収は、ほぼ完了しました。

彼の孫に当たるカミーユとアルベルトは ≪ コンフレール・デ・シュヴァ リエ・ド・タストヴァン:Conferie des Chevaliers du Tastevin ≫の創設者であり、彼らがクロ・デ・ランブレイの名声をより確かなものとしました。第2次世界大戦 頃のことです。

1980年ブドウ栽培のプロであり、なによりレベルの高いオノログ(=醸造家)である ティエリー・ブルーアン氏がクロ・デ・ランブレイの総責任者として就任しました。ブルーアン氏はブルゴーニュ大学で醸造学と自然科学修士号取得し、アルジェリアの農業科学技術学校にて醸造の講師を務めた後、ブルゴーニュと ジュラのINAOの技術部門コンセイユとして勤務し1980年にクロ・デ・ランブレイの 醸造長として抜擢されました。1981年4月27日にクロ・デ・ランブレイは特級に昇格されました。1996年からドイツ のフレウント・ファミリーが当蔵のオーナーになりました。

(ネット資料参照)


実は昨年のブルゴーニュ一帯の試飲会「Grands jours」の際に凄く好印象だったのがランブレイでした。


f:id:monsieur0204:20150326001515j:plain

先ずはこの扉の奥にある中庭を見学。

f:id:monsieur0204:20150326001632j:plain

塀の中にこんな素敵な中庭があるというのが、歴史を感じますね。

f:id:monsieur0204:20150326001753j:plain

先ずはステンレスタンクからMorey-St-Denis'13から。

f:id:monsieur0204:20150326002615j:plain

続いてClos des Lambrays'13。

f:id:monsieur0204:20150326002752j:plain

とにかくエレガントなワインです。

f:id:monsieur0204:20150326002901j:plain

地下に移動して今度は樽試飲。
Clos des Lambrays'12、'11を試飲。

f:id:monsieur0204:20150326003405j:plain

奥にはドメーヌのシンボルがありました。

f:id:monsieur0204:20150326003501j:plain

その奥には古いワインが、、。
持って帰りたい、、。

実はランブレイは僅かにPuligny-Montrachet の1級「Les Folatieres」と「Le Caillert」を造っていて、以前飲んだそのワインが素晴らしかったんです。
その話をしたせいかどうかは分かりませんが、最後にFolatieres'13を試飲させてくれました。これには感激。

f:id:monsieur0204:20150326004132j:plain

帰り際にロゼをお土産に頂いてしまいました。

今年も1軒目から感動のドメーヌ訪問になりました‼︎