読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Belharaで食事。

フランス旅行。 フランスのレストラン。

2日目夜はパリの友人と7区のビストロ「Belhara」に行ってきました。


お昼が「L'Auberge du 15」で11皿のお任せコースを頂いたので、正直お腹が空いているというほどでも、、。

友人の元同僚のフランス人がシェフをしているという事で、控えめに3皿(前菜、メイン、デザート)で頼んだのですが、頼んでいない料理が出るデル、、。


f:id:monsieur0204:20150310032246j:plain

先ずはシャンパンに合わせてグージェールとトリュフ。

f:id:monsieur0204:20150310032414j:plain

いろいろな野菜を煮込んだスープ。
優しい味わいでスイスイ食べれました。
しかし、まだ本来のコースが始まらない、、。

f:id:monsieur0204:20150310032611j:plain

ここからやっとスタート。
前菜は「鱈のブランダード」

f:id:monsieur0204:20150310032730j:plain

こちらもサービスで「パテアンクルート」
トリュフもシャカシャカして頂きました。

f:id:monsieur0204:20150310032901j:plain

メイン は「ウサギの背肉ロティ」
この辺りでお腹はかなりいい具合。

f:id:monsieur0204:20150310033124j:plain

デザートは「グランマニエ風味のスフレ」
デザートは別腹!


基本的にパリでは日本人シェフのお店ばかり行くのですが、フランス人の作るビストロらしい美味しいフランス料理を堪能させて頂きました。


しかし昼、夜、フレンチはしんどいですね。