フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Abriで食事。

パリ初日は予約の取れない人気店「Abri」に行ってきました。


f:id:monsieur0204:20150302013137j:plain


昨年は予約が取れなかったので駄目でしたが、今年はパリの友人が予約を取ってくれました。


f:id:monsieur0204:20150302013246j:plain

こちらはサーモンと林檎、カブの一皿。

f:id:monsieur0204:20150302013342j:plain

メインは魚か肉を選べますが、全員が、仔牛のバベットを選択。
付け合わせは菊芋に人参のピュレ。

f:id:monsieur0204:20150302013509j:plain

ワインはグラムノン。
スイスイ飲めます。

パリでは綺麗な料理が増える中で、こちらは見た目は綺麗でもしっかりした味付け、塩が効いていてワインがとても進みますね。
ワインリストも値段手頃で、グイグイ飲めるワインが多かったです。


パリの外食は値段が高いですが、25ユーロで前菜2品にメイン、デザートは驚異的コストパフォーマンスです。予約が全く取れないのも頷けます。

(電話予約より直接お店に出向いての予約の方が取り易いみたいです。)


初日からパリの日本人シェフの勢いを感じました。