フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

シェ・草間で新年会。

今晩はいつもお世話になっている軽井沢のレストラン「シェ・草間」さんの新年会にお呼ばれしてきました。


お誘い頂いて手ぶらもどうかと思うので、こちらのワインをプレゼント。


f:id:monsieur0204:20150110120759j:plain

「Chambolle-Musigny 2010」(G.Roumier)

先日、シェフの誕生日だったので、皆で試飲して面白そうなワインにしました。
喜んで頂けて良かったです。

乾杯はこちらで。

f:id:monsieur0204:20150110121708j:plain

「Drappier Brut Nature」

f:id:monsieur0204:20150110121043j:plain


「ピクルス、フォアグラのムースリーヌ、グリュイエールとミモレットのキッシュ」

料理はお店のスーシェフ(副料理長)が作りました。僕はお客という事で、今回は手出し無しです。

続いて前菜。

f:id:monsieur0204:20150110122005j:plain

「海の幸と玉ねぎのムース トマトゼリーとスペイン産キャビア

こちらが本当に美味しかったです。
思わず作り方を教わってしまいましたw
穂紫蘇のアクセントも効いていました。

f:id:monsieur0204:20150110122229j:plain

「Bourgogne Chardonny 2012」(Chantereves)

合わせたのはブルゴーニュの知人、栗山朋子さんとそのパートナー、ギョームさんが作るACブルゴーニュ。

これが前菜とバッチリ合いました。
スーシェフはトマトゼリーでは無くてオマールのコンソメジュレにしたかったみたいですが、朋子さんのワインにはトマトで正解でしたね。

f:id:monsieur0204:20150110122648j:plain

「鶏とオマール、シャンピニョンデュクセルのバロティーヌ」

鶏の火入れも抜群で柔らかくて美味しかったです。
こちらにはシャブリ1er cruとルーミエの飲み比べ。

f:id:monsieur0204:20150110122940j:plain

「仔羊、オリーブ、柑橘のココット」

ワインはボルドー

「Chateau Crerc Milon 2008」

デザートも抜かり無く。

f:id:monsieur0204:20150110123348j:plain

おそらく食後酒もお店の物しか無いと思ったので、ルーロのアプリコットリキュールをお持ちしました。
僕のパリ時代のお気に入りです。

次の日も営業だったので皆は帰りましたが、自分はシェフと飲み直し。

f:id:monsieur0204:20150110123649j:plain

なかなか飲酒運転が厳しいので田舎ではこうして同業の大先輩と飲む機会が無いですから、とても有意義なお話が聞けて良かったです。

営業後でしたが料理も気合が入っていて、どれもとても美味しかったです。

最高に楽しい新年会でした‼︎


f:id:monsieur0204:20150110123547j:plain