フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

つば甚で食事。

金沢旅行2日目のお昼は老舗料亭「つば甚」に行ってきました。


f:id:monsieur0204:20141217202935j:plain


創業宝暦二年(1752年)、金沢で最も古い歴史を持つ料亭です。


f:id:monsieur0204:20141217204057j:plain


f:id:monsieur0204:20141217203015j:plain


松尾芭蕉ゆかりのお部屋で友人たちを待ちます。


f:id:monsieur0204:20141217203116j:plain


前日が大雪でしたので、まだ雪が残っています。


f:id:monsieur0204:20141217203218j:plain


雪景色も風情があっていいですね。


f:id:monsieur0204:20141217203320j:plain


料理は伝統の加賀料理で蟹真薯の吸物やこの時期が旬の香箱蟹を満喫。


f:id:monsieur0204:20141217203515j:plain

こちらは伝統の治部煮です。
この椀は長年、治部煮だけで使っている物だそうです。

f:id:monsieur0204:20141217203638j:plain


北陸は鴨も有名なんですよね。

鴨治部煮、美味しかったです。


f:id:monsieur0204:20141217203751j:plain

大きな料亭なので自分が思っていたよりは建物の古さ、素朴さを感じなかったのですが、全体的には満足な食事でした。


何とも贅沢な時間を過ごさせて頂きました‼︎