読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

自家用リンゴジュース搾り。

信州の日常。 仕事。

ウチと近所のB級(色付きが悪かったり、傷が付いて出荷出来ない自家用の物)リンゴを集めて林檎ジュースを搾ってきました。


f:id:monsieur0204:20141212003543j:plain

見ての通り、リンゴ品種も色々です。


個人では搾れない近所のお爺さん、お婆さん3軒の物も混ぜて仕込みます。

JAの施設を借りて1日がかりで仕込みました。


f:id:monsieur0204:20141212003609j:plain

先ずはリンゴを機械で水洗いしていきます。


f:id:monsieur0204:20141212003709j:plain

次に専用の機械で搾っていきます。

f:id:monsieur0204:20141212003805j:plain

搾ったジュースは布漉しして煮沸用の釜に入れます。布漉ししたカスももう1度、専用の遠心分離機にかけて無駄なく漉します。

f:id:monsieur0204:20141212004031j:plain

瓶も煮沸消毒します。

f:id:monsieur0204:20141212004106j:plain


出来たリンゴジュースを瓶詰めしていきます。


f:id:monsieur0204:20141212004206j:plain

栓をしたら完成です。


ビタミンC(褐変防止)は入れますが、混じりっ気無しの100%林檎ジュースです。

濁ってはいますが、味は最高ですよ‼︎


f:id:monsieur0204:20141212004500j:plain

ウチの取り分で130本頂きました。


f:id:monsieur0204:20141212004327j:plain


営利目的に使用出来ないので自分達で飲むか、近所の方々に配って無くなります、、。


早速、金沢旅行(後日、まとめます。)で金沢と東京の知り合いに配りましたが、とても好評でした‼︎


これが終われば畑の仕事も終わりですね。朝から寒いですし作業が始まれば熱いですし、力仕事は意外と疲れました、、。