フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

マンズワインのピノ。

昨日は賄いと一緒にこのワイン。


f:id:monsieur0204:20141030231658j:plain


ピノ・ノワール 2011」(小諸ワイナリー)


マンズワインから派遣されてブルゴーニュ(今はボルドー)でワイン造りを勉強中の知人Nさんの手掛けた(と聞いている)マンズワインが造るピノ・ノワール、ファーストVTです。


最初、自分は大きな企業のワインは敬遠していたのですが、最近いろいろな方々とお話しさせて頂いて頻繁に足を運ぶようになりました。


f:id:monsieur0204:20141030231822j:plain


マンズワインには最高級キュヴェ「SOLARIS(ソラリス)」シリーズがありますが、これは醸造長の島崎さんを始め、会社からフランス、ドイツなどで研鑽を積んだ方々が造る採算度外視のワインです。

こんな事は小さなワイナリーには出来ません。

今までマンズワインにピノ・ノワールは無かったのですが、ようやくリリースされました。


f:id:monsieur0204:20141030231849j:plain


色合いも淡くまだソラリスを名乗れるクオリティではありませんが、きっとNさんがピノ・ノワールソラリスを造ってくれるものと密かに思っています。


このワインはその第一歩。

それでも美味しいワインでしたよ。


f:id:monsieur0204:20141030231923j:plain