読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

貴陽の出荷。

信州の日常。 仕事。

ウチの果樹園のスモモの王様「貴陽」の出荷も無事に終了しました‼︎


f:id:monsieur0204:20140907010718j:plain

貴陽は山梨県巨摩郡の高石鷹氏が1977年に「太陽」の花粉親不明の交雑実生から選抜した品種で1996年に品種登録されています。

f:id:monsieur0204:20140907011342j:plain

大玉で栽培にも細心の注意と手間がかかり、味の良さから高級スモモとして扱われています。
本場は山梨県でお盆頃には終わるそうですが、ウチは8月末までの出荷です。

f:id:monsieur0204:20140907011731j:plain

昨年はGW時の大雪の影響で不作でしたが今年は打って変わって豊作です‼︎採りきれません、、。

樹で熟した実は最高に美味しいです‼︎



f:id:monsieur0204:20140907011757j:plain


出荷に向かない物も出ているので慌てて果実酒用の瓶を大量購入しました。悪くならないうちに果実酒などにして保存します。


f:id:monsieur0204:20140907011833j:plain

1日漬けてこの位の色合い。

色的には太陽やプレジデントの方が良さそうですが、通常は高級プラムの貴陽をこんな形で漬けたりしないですからね、、生産者の特権です。

数年後を楽しみに大切に保管したいと思います。

f:id:monsieur0204:20140907012050j:plain