読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

友人と信州満喫ツアー。

信州の日常。
フランス時代の友人が長野に遊びに来てくれたという事で、地元佐久を中心に信州満喫ツアーを敢行しました‼︎

友人が佐久に到着してマンズワインの訪問(前の記事にまとめました。)時間まで余裕があったので東御の「Rue de Vin(リュ・ド・ヴァン)」、「はすみふぁーむ」に向かいました。

ちょうどリュ・ド・ヴァンの小山さんがいらしたのでお話をして畑のパンフレットを頂きました。

f:id:monsieur0204:20140704230943j:plain

少し丘を登った場所からの風景。
この日は雨予報でしたが、どういう訳か晴れましたね。

f:id:monsieur0204:20140704231048j:plain

リュ・ド・ヴァンの建物前で写真を撮りました。

マンズワインに行く途中だったので、アトリエ・ド・フロマージュ本店にも行きました。

それからマンズワインを訪問。
VIPルームから工場見学、東山の畑にも連れていって頂きました。

東山から近かったのでもう1箇所ワイナリーを訪問して夜ご飯へ。

f:id:monsieur0204:20140704231147j:plain

久しぶりの望月「職人館」。

f:id:monsieur0204:20140704231522j:plain

お任せのコースで最後に蕎麦を頂きましま。食事後は主人の北沢さんと少しお話をしました。

帰り道にある温泉でゆっくりして、川で飛び始めた蛍を見ながら帰宅。
帰宅直ぐにウチの畑を荒らす鹿を脅かしに裏の畑へ。ロケット花火を打ち上げてきました。
畑で収穫した物で簡単にお摘みを作って、ワインはこの3本。

f:id:monsieur0204:20140704231820j:plain

ワインは暑かったのと、最近は国産ワインに触れる場面が多かったので、たまにはと思いフランスのアリゴテ。

f:id:monsieur0204:20140704232036j:plain

「Bourgogne Aligoté 2009」(Coche-Dury)

職人館でも飲んでいたので1本で十分だと思っていましたが、足らなかったみたいなので蔵から2本赤を追加。

f:id:monsieur0204:20140704232242j:plain

「Yoichi Nobori Passetoutgraine 2010」(Takahiko Soga)

f:id:monsieur0204:20140704232307j:plain

「Pommard 2008」(Philippe Pacalet)

しかし、飲みましたね、、。

翌朝は東京に帰って使えるように、畑のハーブ類や花類を収穫。

f:id:monsieur0204:20140704233705j:plain

雨が降って元気に育ち過ぎるセルフィーユとディルを収穫中。


f:id:monsieur0204:20140704233835j:plain

こちらは花も葉も食べられるナスタチウム。少し間引いてあげないといけませんね、、。

f:id:monsieur0204:20140704233935j:plain

こちらは今年から作り始めたボジリ。
綺麗に咲いたのでこちらも収穫。

f:id:monsieur0204:20140704234043j:plain

予定も詰め込み過ぎかとも思いましたが、存分に信州を堪能して貰ったと思います。

やはりフランス時代の友人と遊びのは楽しかったです‼︎