読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

温石で食事。

信州のレストラン。

「mitsuさんの名前っぽい」という事で友人に教えてもらった松本の山菜、懐石料理「温石(おんじゃく)」に行ってきました。

確かに自分の名前と似てますね、、。


f:id:monsieur0204:20140608231359j:plain


お店は松本市の住宅街の中の凄く分かりにくい場所にありました。事前にお店の正面の写真を見ていたので分かりましたが、普通は分からないでしょうね、、。


f:id:monsieur0204:20140608231510j:plain


脇を進むとお店の入り口があります。


f:id:monsieur0204:20140608231601j:plain


食事は完全予約制(2〜8名まで)で山菜、懐石料理が楽しめます。


f:id:monsieur0204:20140608231628j:plain


ギャラリー併設で東御の草如庵とは異なる松本らしい和と洋の真ん中的な雰囲気が素敵です。


f:id:monsieur0204:20140608231709j:plain

アスパラと新玉ねぎの一皿。

f:id:monsieur0204:20140608231743j:plain

こちらは山菜の一皿。
下に温泉卵、上にはお出しのジュレがかかっています。

f:id:monsieur0204:20140608231848j:plain

この日の1番はこれでしょうか。
コシアブラの炊き込みご飯。
コシアブラの香りと鮮やかな緑が素晴らしかったです。

f:id:monsieur0204:20140608232002j:plain


窓の外の新緑を眺めながら美味しい山菜料理を堪能してきました。

最近はフランス料理に食事に行くよりこうしたお店の方が自分がやりたい料理のヒントがあります。今日も幾つかの新しい料理のアイディアを得られました。


開店して8年にもなるそうですが、恥ずかしながらこのお店の事を知りませんでした。

松本に来る際にはまた寄りたいお店ですね。ご馳走様でした‼︎


f:id:monsieur0204:20140608232302j:plain