フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

畑の準備。

フランスから帰国して先ず畑の準備からしていきました。

f:id:monsieur0204:20140517234920j:plain

今年はいつもと違う堆肥を準備して挑戦。畑全体に撒いて耕耘機で耕していきます。

畑の準備をしながら庭や昨年の畑の様子も見ていきました。

f:id:monsieur0204:20140517235424j:plain

行者ニンニクも順調に育っています。

f:id:monsieur0204:20140517235036j:plain

頭が出てしまう独活も毎日土を被せているから良い感じ。これは頭が焼けてしまったので、この日のおかずに。

f:id:monsieur0204:20140517235101j:plain

昨年のミントなども出て来ました。

昨年、以前から1度行ってみたかった和歌山のイタリアン「Villa AiDA(ヴィラ・アイーダ)」の畑を見させて頂いて、大いに刺激を受けました。Facebookを通じて小林シェフの畑の食材を活かした料理は勉強になります。

今年はもっと種類を増やして、昨年より充実させていきたいと思います。

(記事が4月上旬の内容ですいません、、。)