フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

ノーウィッチ到着。

夕食に間に合うように今回のバカンスの最終目的地Norwich(ノーウィッチ)に向かい、無事に到着。

f:id:monsieur0204:20140513120842j:plain

駅内で友人夫婦S吉兄さん、M子さんと合流。久しぶりにお2人に会えてやたらと嬉しい。
早速、話題の新居で夕ご飯。

f:id:monsieur0204:20140513121127j:plain

先ずは地ビールで乾杯‼(さすがイギリス。)

f:id:monsieur0204:20140513121150j:plain

生ハム、オリーブ、、美味しいです。

f:id:monsieur0204:20140513121208j:plain

泡はイギリスのブラン・ド・ブラン。
フランスで飲む機会が無いですから貴重な体験。
最近はシャンパーニュの気温も上がってその北にあるイギリスの気候条件がシャンパンを造るのに適してきたと聞きますけど、なるほど納得。

f:id:monsieur0204:20140513121235j:plain

スペイン旅行から買ってきたハラペニョ?も。こういうのが美味しいんですよね、、ワインも進む。

f:id:monsieur0204:20140513121330j:plain

肉は塩釜で火を入れた仔羊。大葉のソースで頂きました。

ワインはスペインの天才醸造家ラウル・ペレスのワイン。

f:id:monsieur0204:20140514071115j:plain

白は「Sketch 2008」

f:id:monsieur0204:20140513121348j:plain

赤は「La Penitencia 2011」

フランスはフランスワインばかりですし、日本では希少性ゆえ入手困難。
こうしたワインが手に入るのも(もちろんしゅん吉兄さん、M子さんの努力の賜物だと思いますが。)、歴史的にワイン売買の歴史のあるイギリスだからでしょうか。

希少なワインをありがとうございました‼

さすがに朝からロンドン観光。重い荷物を持っての長距離移動にビール、ワインと美味しい料理で大盛り上がり。
最後にはソファーでダウンしていました、、。
楽し過ぎるNorwich初日でした‼

f:id:monsieur0204:20140513121414j:plain