フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

訪問前に散歩。

この日は午後に1件ドメーヌ訪問をする予定でした。先ずは腹ごしらえという事でモレ・サン・ドニの名物食堂へ行ってきました。

f:id:monsieur0204:20140502152507j:plain

名物マダムの案内で店の奥へ。

f:id:monsieur0204:20140502152614j:plain

店内はブルゴーニュを走るトラック運転手で一杯。
マダムを筆頭に絶妙に崩れたトラック野郎が喜びそうなサービスのオネエちゃんがテキパキサービス。

前菜はブッフェ。メインは肉、付け合わせをそれぞれ3種から選びます。
さらにフロマージュ、デザート、カフェ、何処の産地かも分からない赤ワインが付いてなんと12.5ユーロ‼(約1750円)
円換算すると高いですが、12.5来年もユーロは安いです。

料理は値段の割りに悪くないですし、サービスのオネエちゃんも感じがイイ。マダムはテーブルに勝手に番号振ってビンゴ大会始めたり、景品が下ネタ満載だったり。
店の置物もミロのヴィーナスにコードが絡まっていたり、貼られているポスターが酷かったり。まさにカオス、、。

ただ、それらが全てバランスいいので、どこか満足感が高かったり、、。

食事後は訪問時間まで少し散歩をしてきました。

f:id:monsieur0204:20140502153548j:plain

こちらはG.Roumierの「Clos de la Bussiere」

f:id:monsieur0204:20140502153937j:plain

こちらは同じくG.Roumierの「Les Cras」

f:id:monsieur0204:20140502154135j:plain

先日来たアムルーズの泉の先。
水が枯れています、、。

f:id:monsieur0204:20140502154203j:plain

先日の記事に載せましたが、こちらが厳密に言うと伝説の泉でしょうね。(泉というよりは沼。)

f:id:monsieur0204:20140502154242j:plain

こちらはその先の湧き水の場所です。
綺麗な水が湧き出しています。

散歩を終えて、その後は訪問予定のドメーヌに向かいました。