読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Au 14 Fevrierで食事。

フランス旅行。 フランスのレストラン。
毎年恒例のブルゴーニュマダムとのデート。いつもガイドで何処かに車を出して頂いています。
一昨年がジュラ、昨年がシャブリ。
今年はボジョレー、マコネーに連れてって頂きました。ボジョレーは学生の時に来たので、かれこれ16年ぶりでしょうか、、。

少しボジョレーの畑を見た後はSaint-Amourの1ツ星「Au 14 Fevrier」に行ってきました。

先ずはアミューズ

f:id:monsieur0204:20140430162818j:plain

実は当日予約で電話して、数時間前にちょうどキャンセルが出たという事で入れました。こんなブルゴーニュの片田舎で満席とは凄いですよね、、。

f:id:monsieur0204:20140501152128j:plain

お店のスタッフは全員、日本人。
ちょっとした所に日本を感じます。

f:id:monsieur0204:20140430162913j:plain

こちらはフォアグラ。

f:id:monsieur0204:20140430163015j:plain

こちらが鴨。

パリにあるような小皿多数の料理とは違い、一皿一皿にいろんな要素がありますよね。
ボーヌの先輩シェフとも以前話しましたが、パリの小皿多数スタイルはフランスの田舎では受けないそうです。田舎はレストランでも少ない皿数で、皿の中にいろいろ詰めた方が良いらしいです。

f:id:monsieur0204:20140430163043j:plain

f:id:monsieur0204:20140430163105j:plain

デザートも仕事が細かいです。

f:id:monsieur0204:20140430163136j:plain

いずれもとても美味しかったです。

食事後は濱野シェフに厨房を見せて頂き、お話しもさせて頂きました。
オープンから数ヶ月でミシュラン1ツ星ですから凄いですよね。

濱野シェフにボジョレーの目的地の道筋を教えて頂いて、次の目的地に向かいました。
何だか昼間から贅沢してしまいました、、。
(濱野シェフ、ご馳走様でした‼)

f:id:monsieur0204:20140430163220j:plain