読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Didier Montchovetを訪問。

フランスのドメーヌ。 仕事。 フランス旅行。
グラン・ジュール最終日、会場に行く前に前日の晩に一緒に飲んだ方と「Didier Montchovet(ディディエ・モンショヴェ)」を訪問、試飲してきました。

f:id:monsieur0204:20140422210036j:plain

Hautes-Côtes de Beaune(オー・コート・ド・ボーヌの奥の方にドメーヌはあります。

f:id:monsieur0204:20140422210337j:plain

試飲、案内は奥様が担当。

f:id:monsieur0204:20140422210439j:plain

白は4種類。アリゴテ'2012とシャルドネ'2011、'2012、この3種はステンレスタンク。オー・コート・ド・ボーヌ'2011は樽。
赤も4種類。ブルゴーニュ'2012、オー・コート・ド・ボーヌ'2012、ボーヌ1er cru'2009、ポマール'2011。

年々、綺麗なワインになっていますよね。フランスに居る間も彼のワインはよく飲んでいました。
2013年のポマールは雹の影響で通常5樽が1樽しか出来なかったそうです。12年は房がたくさん出来て落としたので、13年に足したかった‼と冗談交じりにお話していましたね。

f:id:monsieur0204:20140422210516j:plain

下に降りて新たな挑戦のワインを試飲。
その後は畑の案内をして頂きました。

f:id:monsieur0204:20140422210542j:plain

Y字型のブドウ樹。リール仕立てと呼ぶそうです。
このリール仕立てはブルゴーニュの中でも標高が高くて気温の低いオー・コートでしか認められていない仕立てです。
この時期なのでまだ葉が着いていませんが、このY字の先まで葉を茂らせて太陽に当たる面積を広げる事によって光合成が容易に行われるそうです。また列と列の間を開ける事ができ、馬や軽い小型トラクターが入る事が出来るそうです。

f:id:monsieur0204:20140422210605j:plain

この接木も珍しいそうですね。
30年前からこれを目指して樹を育てていた訳ですから本当に凄いです、、。

f:id:monsieur0204:20140422210642j:plain

84年に初めて土地を(畑では無いです。)取得して、開墾しながら自分の理想に向かってここまで造っているとか、、。

f:id:monsieur0204:20140422210714j:plain

畑はビオ畑なので、ブドウ畑になる野生のマーシュやタンポポも安心して食べられるそうです。

f:id:monsieur0204:20140422210746j:plain

こちらはアリゴテの畑。
U字の凄い傾斜です。

f:id:monsieur0204:20140422210812j:plain

畑見学を終えてドメーヌに戻るとお二人が揃い踏み。

商業的にはまるで儲かっていないみたいですが、自身の理想を求めて精魂込めて造るワインはその人柄が良く現れた素敵なワインでした。

f:id:monsieur0204:20140422214440j:plain