フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

サン・ヴィヴァン修道院を見学。

ボーヌの老舗エージェント「DIVA」の試飲会を終えてグラン・ジュール4日目の会場に向かおうと思いましたが急遽変更。知り合ったワイン関係者の方の案内でブルゴーニュのマニアックなスポット巡りをしてきました。

f:id:monsieur0204:20140421231421j:plain

先ずは「Saint-Vivant修道院」

現在も修復作業が続けられています。

f:id:monsieur0204:20140421231523j:plain

看板にもしっかり書いてありますね。

DRC(Domaine de la Romanée-Conti)のチャリティー事業の一環でサン・ヴィヴァン修道院修復の寄付の為にリリースされる「Hautes-Côtes de Nuits(オー・コート・ド・ニュイ)」というワインがあります。

f:id:monsieur0204:20140422093914j:plain

帰国して自分の蔵で探してみました。

f:id:monsieur0204:20140422094025j:plain

しっかりDRCと書かれています。

余談ですが、このワインはフランスではパリの2店舗でしか購入出来ない事になっています。不作が続き年々値段の上がるブルゴーニュワインですが、このワインだけはチャリティー事業のワインという事で値上がりはありません。(日本のサイトを見ると以前の1.5倍の値段になっている物もありましたから、このワインに関してどれだけ便乗値上げしたかが分かります。)

このワインの畑が修道院の横にあります。

f:id:monsieur0204:20140421231658j:plain

f:id:monsieur0204:20140421231739j:plain

f:id:monsieur0204:20140421231820j:plain

思っていたより小さかったですが、綺麗な畑ですね。

f:id:monsieur0204:20140421231955j:plain

丘の上にあるので、そこからの景色も最高です。

f:id:monsieur0204:20140421232057j:plain

修道院裏の道を通って反対側の畑も見に行きました。

f:id:monsieur0204:20140421232204j:plain

こちらは比較的石がゴロゴロしていて様子が違いますね。

f:id:monsieur0204:20140421232310j:plain

入り口はこんな様子です。

f:id:monsieur0204:20140421232434j:plain

グルリと一周して車の駐車場まで戻りました。

ここは話に聞いていましたが、場所が分からないとなかなか来れませんね。自分もフランス時代にDRCのオー・コート・ド・ニュイは何本も買っているので、少しは自分もこちらの修復に貢献出来たという事でしょうか。その貢献出来た場所に実際に来れて感激‼
案内して下さったNさんに感謝です。

次はシャンボール・ミュジニーの泉に向かいました。

f:id:monsieur0204:20140421233035j:plain

(ベタなロマネ・コンティの十字架も一応アップしておきます。)