フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

La Dilettanteでワイン。

グラン・ジュール2日目で4会場の試飲を終えた夜は、ボーヌのワイン学校に通う友人と「Caves Madeleine(カーヴ・マドレーヌ)」のリカさんが新しく開いたお店「La Dilettante(ラ・ディレッタント)」に行ってきました。

この日のボーヌも暑かったので、先ずは白ビールから。

f:id:monsieur0204:20140418223439j:plain

エチケットが可愛い、、。

カーヴ・マドレーヌと違い、こちらは軽食中心なのでパテやジャンボン等を注文しました。

f:id:monsieur0204:20140418224031j:plain

f:id:monsieur0204:20140418224108j:plain

このパテ、美味しかったです。
ワインはブルゴーニュワインは試飲し過ぎていたので何となくドイツワインを。

f:id:monsieur0204:20140418224306j:plain

「Hermannshohle Riesling 2011」(Donnhoff)

ナーエ地方、デンホーフのリースリング
シャントレーヴ栗山朋子さんがドイツに居らした時に同行させて頂いた思い出のドメーヌ。
そういえば随分飲んでいなかった、、と思って頼んでしまいました。
他のお客さんもグラン・ジュールという事でワイン関係者ばかりだったのですが、このチョイスは褒められました。

f:id:monsieur0204:20140418224143j:plain

f:id:monsieur0204:20140418225252j:plain

赤はさすがにブルゴーニュで。

f:id:monsieur0204:20140418225335j:plain

「Les 1er Ponts 2011」(Yann Durieur)

プリューレ・ロックで栽培担当をしていたヤン・ドリューのHautes-Côtes de Nuits(オー・コート・ド・ニュイ)。実は数日後にオー・コート・ド・ニュイには行く事になるのですが、かなりマイナーな土地ですが、素晴らしいワインを作りますよね、、。

フロマージュに合わせてグラスで2種類。

f:id:monsieur0204:20140418232224j:plain

「Chassagne-Montrachet 2011」(Bernard Moreau)
「Meursaurt 2007」(Butterfield)

近所の先輩シェフも仕事を終えて合流したので追加で1本。

f:id:monsieur0204:20140418232844j:plain

「Bourgogne Blanc 2011」(Roulot)

1日試飲した後で少し飲み過ぎたな、、。
それでも1年ぶりに会った友人と色々飲めて、本当に楽しい夜でした。

f:id:monsieur0204:20140418233248j:plain