フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

ブルゴーニュに移動。

ブルゴーニュ一帯が試飲会場になる「グラン・ジュール」に参加する為にブルゴーニュに移動しました。

f:id:monsieur0204:20140414001523j:plain

パリの友人宅で先ずは腹ごしらえ。
フランスのクロワッサン、やっぱ違います、、。

f:id:monsieur0204:20140414001619j:plain

こちらはAlain MilliatのJus Carotte(人参ジュース)
フランスの友人が事あるごとに美味いと言っていたので試してみましたが、確かに美味い‼

f:id:monsieur0204:20140414002058j:plain

お金無いから鈍行でのんびり出発。

到着して部屋を借りる家主の家に行って無事に契約。鍵を借りました。

f:id:monsieur0204:20140414002228j:plain

昨年も借りていた部屋なので勝手は分かっているので快適。グラン・ジュールと他の日程も合わせて10日間をホテルに泊まるわけにいかないですからね。

夜はいつもお世話になっているお店に行って部屋で使うお皿や鍋をお借りしました。
日曜日でどこもお店がやっていなかったので賄いまで頂いてしまいました、、。

夜は同じお店で皆さんの仕事後にワイン。

f:id:monsieur0204:20140414002636j:plain

澱引きした澱をもう1度濾したワイン。
左がF・パカレ、右がA・ルソー。

f:id:monsieur0204:20140414002816j:plain

シュヴロのアリゴテ。

f:id:monsieur0204:20140414002909j:plain

こちらはトラペが造るアルザスワイン
友人が働いているという事で、話の流れで出てきました。

f:id:monsieur0204:20140414003053j:plain

最後はA・ルソーのブルゴーニュ・ブラン'2010。
A・ルソーの従業員用ワインで市場には出ないワイン。昨年のコルクはクロ・サンジャックでしたが、今年は普通ですね。(いつも余ったコルクを詰めているのか、違うんです、、。)

ブルゴーニュ初日からワイン充実な夜でした‼